onLoad="checkCookie()" >

2005年10月03日

稲刈り時期の里山。(10/2 小野路)

今日も図師、小野路の里山へ行ってきました。
普段より地図を見ながらの散策の人が多かったので、NHKの「はじめての里山歩き」を見て、里山散策に来た人も多そうです。
皆さん、里山を楽しんでもらえたのかな〜。

秋の木陰から私は一人でいつもの五反田谷戸へ。
夏にも紹介した、谷戸奥の山桜の木陰からの眺め。
随分と変わりましたね。
すっかり秋です。
谷戸田では暑い中、農家の方が家族総動員で稲刈りをしていました。
見ているだけの私は、その光景にほのぼの。


稲刈り谷戸を出た所の田んぼでも、稲刈りの真っ最中。
こちらは稲刈り機を使ってどんどん稲刈り。
見ているだけの私は、ちょっとやってみたいなと思った。

落ち葉焚きこちらは隣の神明谷戸。
干された稲に焚き火の煙、秋らしい光景ですね。
子供の頃、よく祖父と焚き火をしたことを思い出しました。
さつま芋をアルミホイルで包んで、焼き芋を作ったりしたな〜。
芋が気になって焚き火の近くに居過ぎて、一酸化炭素中毒になりかけ、クラクラしたことも(苦笑)。

稲稲って、毎日のように食べているお米なんですよね。
青々とした田んぼの頃は、ちっともそんなこと考えていませんでした。
一合のお米には、どれくらいの稲が必要なんだろう。

今日は二時間ちょっとの散策でしたが、他にもいろいろな発見ができました。
少しずつ紹介していきますので、お楽しみに。

それと、スズメバチには気をつけてくださいね!!
今日もブンブンと沢山飛んでいましたから。
黒いもの、匂い、音に反応しますので、散策に行くときには整髪料、香水などをつけず、黒い服は避け、頭も帽子を被るなどしたほうがいいですよ。
もし遭遇しても、騒がずに身を低くして静かに逃げてください。
私も藪に入るのは避けています。

この記事へのトラックバックURL

http://blogs.dion.ne.jp/ataru/tb.cgi/2000194
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
この記事へのコメント
『はじめての里山歩き』で、裏山に来る人は多いですね。
先週の休日の夕方、よこやま道の展望台付近で黒川へ出る道を聞かれて、『黒川のどのあたりに出たいんでしょうか。』なんて変な聞き返しをしてしまいました。
日没の寸前でしたから、たどり着いけたかと心配してしましたが、ニュースにならないところを見ると、大丈夫かな。(笑)
Posted by なかじ at 2005年10月05日 19:56
>『黒川のどのあたりに出たいんでしょうか。』
確かによこやまの道からだと、5ルートの行き方があり、出てくる場所も随分違いますね。
国士舘下の谷戸、ねずみ男の家のある谷戸、水道局(2ルート)、黒川駅方面。
その方はどのルートを行ったのでしょう。
ルートによっては、ニュースになる可能性もありますね。

冗談は抜きにして、気軽に来れるとはいえ、危険な場所もあるので、気を付けないといけないですね。
はじめての里山散策は『明るいうちに!!』を今度記事内に入れることにしよう。
Posted by ataru at 2005年10月05日 23:37
稲穂は、ワラで束ねてある「ひと束」がありますよね。
あれがちょうど「ごはん一杯分」なのだと何かの記事に載っていました。
Posted by 桜の住人 at 2005年10月09日 13:06
桜の住人さん

あまり取れないんですね。
谷戸田のような規模の小さい田んぼでは、出荷するためというより、自給自足のためなんでしょうね。

ひろぼーさんが詳しそうですが、HPも再開されていないようで…。
ひろぼーさんの田んぼも収穫したのかな??
Posted by ataru at 2005年10月09日 17:40


 
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。