2008年01月19日

今日は『ほんとうの 美しい女性』とは、どういう女性かを 考えてみます。ところで 「美しい女は名誉をわがものとし、強い男は富をわがものとする。」(新共同訳聖書箴言11章16節)とある新共同訳聖書の翻訳は 全く不適当な間違った翻訳です。

これを読めば、美しい女は 人から尊敬されるとの誤解を読者に与えます。実際、ここで美しい女と言われますと、おもに外見が美しい女としか取れません。女性の外見が美しい事こそ、大切だと言わんばかりですね。
しかし、2007.8.27.のブログに書きましたように 新共同訳聖書では 聖書の格言(箴言)11章22節に『美しい女に知性が欠けている』事を取り上げているのですから、そこと矛盾します。
今までの聖書の翻訳が こういう具合ですから、聖書には、有益でない言葉があると言われてもやむを得ません。

女が美しい事は 尊敬されるわけではないでしょう。可愛い うらやましい、魅力的という事にはなりましても、決して『名誉』は与えられないと思います。
ですから、どうも ここが妙なのです。そこで、ここをGood News Bible, Good News Translationで見てみました。そうしたら『社会的地位の低い人たちに対して 親切で丁寧で、寛容な女性(gracious woman)は 人から尊敬されます、しかし、善くない女性は、人々から尊敬されません。』(聖書のことわざ(箴言)11章16節、Good News Bible, Good News Translation,PROVERBS 11.16の翻訳)と翻訳してあります。これは、有益で、しかも本当です。

本当に美しい女性とは、このように『社会的地位の低い人たち、つまり弱い貧乏な人たちに対して 親切で丁寧で 寛容な女性』だと思います。外見的な美しさに言及した新共同訳聖書の翻訳は、新改訳の「優しい女」、NKJVとNIVの「kind-hearted親切で寛容な女性」とも かけ離れた翻訳で、これは『有害な翻訳』と言わざるを得ません。

≪まとめ≫
女性には、人を慰め 人を勇気付ける性質が 何よりも大切だと思います。
それが 『ほんとうの 女性の美しさ』に違いありません。

ヒステリーを起こして激しく怒る 鬼のような女性。冷酷で、貧しい人 弱い立場の人を思いやらない女性。ほかの人のうわさ話や悪口を言い続ける女性などは、いくら外見がきれいでも、決して美しくは感じません。そういう女性と席を共にするのは、私たちの精神的・肉体的健康を害しますから、病気でそうなっているのでない限り、 遠ざかるのが賢明だと思います。
(2008.1.19.)