2012年02月29日

第2弾”酒おたく”っ『満点ママ』にて撃沈ッッッ!!(苦笑)

IMAG0247.jpg

みなさんコンニチワ手(パー)

日本が誇る恥知らず『酒おたく』でゴザイマス…もうやだ〜(悲しい顔)

またもやTSS『満点ママ』にて”生”生き恥を晒しちゃいました…パンチ

しかも今回は芸人のあらきさんの『あらき亭』というコーナーで
更にっexclamation×2シャル○○ダンスで有名な女優の草刈○代さんに
”広島の旬”を食べて貰うをいう企画だったんスけど…

いや〜ボロッボロッでしたね〜ふらふら
調理しながら・草刈さんとトークしながら・モニター気にしながら…
何一つちゃんと出来て無かったっスよ〜〜〜たらーっ(汗)
自分の未熟さを思い知りました…あせあせ(飛び散る汗)

まあでも…
『宝剣』・『天寶一』・『三浦さんの牡蠣』・『豊島の地穴子』
『瀬戸鉄工の牡蠣パウダー』の想いを伝える!!
事は多少出来たので、若干満足しております…
↑(でも…瀬戸鉄工の所在地を川尻町なのに、安浦町って間違っちゃいましたけど…)バッド(下向き矢印)
↑(早速、昨日 瀬戸鉄工の上田さんから叱られちゃいました…)(笑)

それにしても…やっぱ『満点ママ』スタッフの皆さんはパワーが物凄いですネ〜るんるん

改めて、素敵な皆さんの素晴らしいご縁で生かされている事を痛感いたしましたわーい(嬉しい顔)

あらきさん・棚田さん・古沢さん
中山さん・上寺さん・亀井さん・そしてスタッフの皆様っ
この度も本当にありがとう御座いましたっっっグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
  
 
Posted by hitoariki at 16:57Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2011年11月03日

今年も襲撃!!百合組♪総本山〜

塩田酒造・東・三浦.jpg塩田酒造・東・三浦2.jpg

今年も行って来ましたぁ〜〜グッド(上向き矢印)るんるん
我らファミリーが愛す『芋焼酎”六代目百合”』総本山exclamation&question甑島にある塩田酒造へ〜〜グッド(上向き矢印)

今年も例年同様、土曜日の仕事終わりからのぉー車で6時間車(RV)
フェリーで2時間弱の船強行軍だったんスけど…がく〜(落胆した顔)
↑(てか新幹線で行けば良かったじゃん手(グー)ちっ(怒った顔)
↑(まあ…そうなんスけど… 人数が多いんで運賃が…)(笑)

いえいえパンチ白石酒造さんにも寄らないといけナインで…(苦笑)

それはさて置き…ふらふら
やっぱ今年も行って良かったデスねぇ〜るんるん
また今年も”造り”が進化しとりましたよぉーー手(チョキ)

塩田さんトコの蔵が、清掃が行き届いてめっちゃ綺麗な事は以前も申し上げたと思いますが手(パー)
更にそれが進化して、尚且つウォータージャケットを使った温度管理・仕込みのシステム等々想いと技術のバランスと融合がハンパねぇっスexclamation×2

上写真はウチのファミリー達が『掛け芋』*蒸した芋を米麹や水と併せてモロミを作る事でつひらめき
を手伝わせて貰ってる所なんすけど、今までは手作業でタンクに移していたのを、ポンプを使用し自動的にタンクに移せるようにしてるんですネ〜るんるん

ただ塩田さんのスゲーとこが、手を掛けるトコは手を抜かない手(グー)
下写真の『蒸し米』では昔ながらのタイ米を使用し、手が掛かる2度蒸しを頑なに継承してるんですね〜るんるん
*ここで皆さんに説明しよーひらめき近年”地産地消”や”国産へのこだわり”という名の元に、
 麹米を国産米に切り替えている蔵が多いんスけど… それを否定する訳では無いんですが…やっぱ酒文化的には『タイ米』が基本ですし、手間は掛かりますが濃厚な旨味も強いんすよぉ〜るんるん

いや〜やっぱ塩田さんはスゴいっすねっexclamation×2
モチロン蒸留したての今年の”百合”を試飲させて頂きましたが、口当たりの濃厚な旨味の拡がりと後口の余韻のキレ味が例年以上に研ぎ澄まされてますねーーーパンチ

そして…最高の”百合”を最高の”ファミリー達”と共に、みゆきさんの手料理を頂きながら”酒おたく”は夢の中にまどろんでいくのデシた…
↑(気取ってっけど単にオメーが歳取ってもうやだ〜(悲しい顔)早々に潰れてるだけぢゃねーかちっ(怒った顔)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 21:34Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2011年08月06日

『宝剣』土井杜氏からサイコー♪の誕生日プレゼント頂きましたぁ〜!!

宝剣プレゼント.jpg宝剣プレゼント2.jpg

ミナサンこんにちは手(パー)

最近『宝剣』ネタばかりの”酒おたく”でゴザイマス…(笑)

そんな失礼な前振りはさておき…ふらふら

な・な・なんとexclamation×2
土井さんからひらめきすげープレゼント頂いちゃいました〜〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ご存じの方も多いと思いますがひらめき『酒未来』という酒米は山形県の銘醸
『十四代』の高木酒造さんが18年かけて育成したexclamation&question超希少な米でグッド(上向き矢印)
山田錦系の山酒4号と美山錦を交配して開発した、まさに良いとこどりのお米なんスねぇ〜るんるん
それを土井さんが頂戴し、今年初めて醸したお酒なんデスね〜るんるん

早速呑んでみたんスけど…パンチ
マジすごいでつ・・・グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) 
宝剣らしいほんのり甘い立ち香から、含んだ時の『十四代』を彷彿させる心地よい拡がりと旨味…
そしてそこから一気にキレ上がり、抜群の後口の余韻…
まさに世界に誇れる『日本酒』と言っても過言では無い程の出来栄えです…
↑(カッチカッチやな〜〜〜ちっ(怒った顔)
↑古っ!!(笑)

いえいえ…大袈裟ではなく”広島の酒”が”日本の誇れる酒”になる日も近い!
と思わせる程の一献ですねっexclamation×2

毎年毎年ホントーに土井さんありがとう御座います!!

あっ… ちなみに…
試飲してみたい方は”桑乃家”にGOO!!!!!

あっ…
でももう3分の1ぐらいしか無いですから〜〜〜ちっ(怒った顔)もうやだ〜(悲しい顔)パンチ(笑)  
 
Posted by hitoariki at 15:06Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2011年05月31日

祝『宝剣』全国新酒鑑評会 3年連続金賞受賞!を頂いちゃいましたっ♪

22BY宝剣金賞受賞酒.jpg

みなさんコンバンハ手(パー)
冷酒が美味しい季節になって参りました…わーい(嬉しい顔)
↑(半年も更新サボっててその書き出しはねぇ〜だろぉちっ(怒った顔)(笑)

と・ところでっるんるん

本年度”全国新酒鑑評会”にて我らが『宝剣』が3年連続!
金賞に輝きましたーーーーグッド(上向き矢印)www www

しかもぉグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)先日弊社”山暖”にて
土井杜氏と久々にサシで呑んだ際にぃひらめき
”出品酒”頂いちゃいました〜〜〜〜exclamation×2exclamation×2exclamation×2

いや〜ぁ手(チョキ)これは凄い酒っすよーグッド(上向き矢印)
そのへんの鑑評会出品酒とは訳が違いますねぇ〜パンチ
というのも、鑑評会に出品するお酒は、その年仕込んだ何本かの大吟醸の中から一番良い出来のお酒を選出し、その雫の部分を更に何本かの斗瓶に取りその中で最高のお酒を出品するんスけどひらめき
通常”出品酒”として販売されている物は、何本かの斗瓶全部の場合が殆どなんですけど
ナント!このお酒は正真正銘”出品した斗瓶”そのものなんですねぇ〜〜〜ぴかぴか(新しい)

ほのかに香る立ち香とふくよかに拡がる含み香の融合…
そして究極まで洗練された米の旨み…
更には、程よいキレを伴う極上の余韻…

筆舌尽くしがたいですねぇ〜グッド(上向き矢印)るんるん

人によっては『香りのある酒は料理に合わない』と見識の浅い意見の方がいらっしゃいますが全くそんな事は無いんですよぉ〜!!
この日も”オコゼの肝・サバの白子・サザエ・アワビ』等と逢わせてみましたが、やはり『香りのある酒と香りのある食財は逢うんでし手(グー)』(酒おたく談)(笑)

ぜひ一度お試しあれ〜〜るんるん

あっ…
ていうか、このお酒呑みたい方はサービスしますのでおっしゃってくださいっるんるん限定3.5名(笑)

土井さんありがとう御座いましたぁーーーわーい(嬉しい顔)  
 
Posted by hitoariki at 21:05Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2010年11月11日

11月11・12・13日!”竹原食祭り”開催ッ♪


広島牛アップぐるなび.jpg
有機無農薬野菜ぐるなび.jpg






みなさんコンニチワ手(パー)

三浦さんのカキがおいしいシーズンになって来ましたネるんるん
↑(はぁ〜〜〜exclamation&question竹原市と関係ないぢゃんちっ(怒った顔)

ところでミナサンっっっexclamation×2
なっ・なっ・ナントexclamation&question
↑(つーか自分…この書き出し多くねぇ〜)手(グー)

11月11・12・13日の3日間!”竹原食祭り”を開催する事になりました〜るんるん

ココでせつめーしよーexclamation×2(笑)

竹原食祭りとは…広島市内の熱き志しを持つ飲食店達が立ち上がり手(グー)
”地産地消”の旗印の下に集結しexclamation
広島が誇る竹原市の”素晴らしい生産者”から贈られた食財を使用しパンチ
計11店の戦士達が”生産者の魂”を伝える、超弩級のイベントなのだっパンチ
↑(はぁ〜〜ナニ言ってんのかよく分かんないけど・・・
  よーするにこの3日間、広島市内の飲食店11店舗で竹原の食材を
  使った料理を提供するので、お客さん来て下さいね!って事でしょ)ちっ(怒った顔)

ええ・・・ まあ・・・ふらふら

じゃがっっっ
気を取り直してーーグッド(上向き矢印)

”竹原食祭り”ミンナで一緒に盛り上げよ〜〜〜手(グー)

最後になりましたがっ”竹原の食を育てる会”会長の某 前川酒店の山田さんるんるん
竹原の生産者の皆様るんるん竹原市役所の皆様るんるん協力して頂いた飲食店の皆様るんるん
ホントーーーーーにっexclamationありがとうゴザイマシタっexclamation×2  
 
Posted by hitoariki at 14:32Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2010年09月27日

RCCラジオにて5日連続”恥さらしぃ〜”


9月コース桑乃家横.jpg
みなさんコンニチワグッド(上向き矢印)

5ヶ月間の冬眠から目覚めた
”酒おたく”でゴザイマスるんるんがく〜(落胆した顔)
↑(コイツ何言ってんのォ〜)(苦笑)

ナントっexclamation×2
本日から金曜日まで5日間連続で、RCCラジオ『道盛浩のバリシャキNOW』で
”桑乃家”を取り上げて頂く事になりました〜グッド(上向き矢印)

いや〜・・・ 
一年振りのラジオ収録でしたが、声だけってマジ緊張っすね〜がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
↑(てかオメー… TVの時は反対の言い訳してたぢゃねーかどんっ(衝撃))(怒)

内容は本日が”店全体のコンセプト” 28日が”桑江の想いと技術”
29日が”広島の日本酒に対する想い” 30日が”江田島の三浦さんの牡蠣”
1日が”竹原牛 垰下さん”というカンじで〜すッるんるん
↑(つーかオメー…俺の突っ込み無視して進行するのヤメろや)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

16:20〜16:40の枠内で約1〜2分放送があるので、
良かったら聴いてみてくださ〜いグッド(上向き矢印)

最後になりましたが”井上次長”この度も素晴らしいご縁
本当にありがとうゴザイマシターーーーexclamation×2
↑(コイツ… 最後までマジ無視やな…)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 15:00Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2010年05月06日

”酒おたく”っ『満点ママ』にて撃沈ッッッ!!(笑)


満点ママブログ1.jpg
満点ママブログ2.jpg






みなさんコンバンワ…

広島が誇る恥知らず『酒おたく』でゴザイマス…ふらふら

つーか…
生放送って… まぢキツいっすねぇ〰〰〰パンチ

言ーたい事いえんし、言ったらカブるし、
しまいにゃ〰ドコ見て良いのか分からんから目線は挙動不審だし…もうやだ〜(悲しい顔)

ホント棚田さんや石橋さんや古沢さんはまじプロっすねぇ〰exclamation×2

しかもスタッフ皆さんを含めた雰囲気創りがチョーーー素敵なんスょるんるん

『いい番組を創る』exclamation×2って想いがバシバシ伝わって来て
『満点ママ』が視聴者の皆様から支持されているのがよく解りましたッ手(パー)

特に石橋さんは、お隣で素晴らしく暖かな雰囲気創りをして下さり
ホントーーーーにッるんるん救われましたァ〰exclamation×2

毎度、毎度ではゴザイマスがっグッド(上向き矢印)

石橋さん・棚田さん・古沢さん・井上さん
林田さん・上寺さん・亀井さん・そしてスタッフの皆様
いつも素晴らしい”ご縁”を賜り、心からありがとう御座いますexclamation×2

あっ!!!
ちなみに5月8日放送の
◆◇情報チャージ〰知りため!〰◇◆という番組で、
再放送して下さるみたいなんスよぉ〰グッド(上向き矢印)
↑(やっぱ恥ずかしいので見ないで下さい…)←(つーかクドい)(怒)
↑(だったらブログに書かにゃ〰えかろうが)ちっ(怒った顔)

★☆★TSS情報チャージ 知りため★☆★
5月8日(土)朝9時55分からオンエアーTV  
 
Posted by hitoariki at 19:14Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2010年05月01日

テレビ新広島『満点ママ』に『酒おたく』出陣っ!!


桑乃家お祝いハ真1.jpg
桑乃家お祝いハ真1.jpg









みっミナサン・・・

ななっナントexclamation×2exclamation×2

4月25日にOPENした新店舗『桑乃家』が
5月3日の『満点ママ』で取り上げて頂く事になりました〜〜グッド(上向き矢印)

しかも・・・
『酒おたく』が生出演までさせて頂きま〜すっ♪
↑(マジ広島の恥っすねーーー)(苦笑)

皆様っっっ! 乞うご期待♪♪
↑(やっぱ恥ずかしいんで見ないで下さい…)(超苦笑)

★☆★TSS満点ママ★☆★
5月3日(月) 10:00〜オンエアー!

最後になりましたが
TSS山内取締役・林田ディレクター・亀井さん、そして『桑乃家』に
沢山のお祝いを下さった、素晴らしいご縁を頂いてる皆様
ホントーーーーーにぃっexclamation言葉では言い尽くせない程
感謝しております黒ハートありがとうゴザイマスっるんるん  
 
Posted by hitoariki at 17:50Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2009年12月22日

『テレビ新広島』と『酒おたく』が三浦海産&宝剣酒造にっ!突撃ぃーー!!


三浦さんTSS.jpg宝剣酒造TSS.jpg








みなさんコンバンワ手(パー)

快調なペースで更新を続ける”酒おたく”でゴザイマスっるんるん
↑(またそのネタかぁ〜!)(苦笑)
↑(つーか…前回の更新から1ヵ月近く経ってるんスけど…)(怒)

ところでミナサンっっっexclamation×2
なっ・なっ・ナントexclamation&question

TVTSS情熱企業〜知恵の創造者たち
という番組でウチを取り上げて頂く事になりましたぁーーーwww wwwexclamation×2

いやぁ〜〜
これもひとえにアンツデザイン松○社長からTSS亀○さんへと頂戴したグッド(上向き矢印)
素晴らしい”ご縁”の賜物なんスョォ〜exclamation×2

ということは…
”酒おたく”がちょ〜素晴らしいご縁を頂いてる
『宝剣酒造』土井さん
『三浦海産』三浦さんトコにもロケに行きましょーグッド(上向き矢印)
って事になったんですねぇ〜映画

つーか…
ノリで言ってはみたものの…
土井さんも三浦さんも、この12月のクソ忙しい時に
(酒蔵はこの時期”大吟醸”の仕込みを行う、1年で一番気を遣う次期なんです…バッド(下向き矢印)
(牡蠣も12月は1年で1番大事な時期なんス…もうやだ〜(悲しい顔)

しかしッexclamation
熱い漢(おとこ)お二人は、快く了承して下さったんスよぉ〜〜〜るんるん

じゃが…正直… めっちゃキツかったぁーーーーもうやだ〜(悲しい顔)

ナント朝7時からロケ車に乗りこみ車(RV)宇品から江田島に渡り船『三浦さん』を突撃し
11時頃には呉市仁方の『宝剣酒造』を突撃し…
14時頃には『人有喜』に戻ってロケをし…
17時頃には『山暖』でもロケをして…映画終わったのはナント…がく〜(落胆した顔)
22時半だったんスねぇ〜〜たらーっ(汗)
↑(つーか…オメーよりディレクターさんやカメラマンさんの方がキツいダロー)(怒)

いやぁ〜しかし
素晴らしいミナサンのお陰でスゴイいい番組が出来そうっスョォ〜〜〜〜手(チョキ)
これを見たら…
『人有喜』と『山暖』がスゲー店みたいに見えるかもョーーーexclamation×2
↑(ぢゃあ実際は違うんかいちっ(怒った顔))(笑)

★☆★TSS情熱企業〜知恵の創造者たち〜★☆★ 
12月27日(日)朝6:45から7:00オンエアーTV

土井さん・三浦さん・TSS亀井さん・林田ディレクター、そしてご縁を頂いたミナサマ
ホントーーーーーにぃっexclamationありがとうゴザイマシタぁーーーーーるんるんるんるんるんるん
  
 
Posted by hitoariki at 23:14Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2009年11月27日

広島が誇る『竹原』ですっげー牛肉!出逢っちゃいました〜♪


垰下さんブログ.jpg
竹原牛ブログ.jpg







みなさんコンニチハ手(パー)

異例のスピード更新???

酒おたくでゴザイマス手(チョキ)
↑(はあ〜ちっ(怒った顔)普通のブログに比べると、これでも遅いダロー)(笑)

しかし・・・
何故こんなにスピード更新をするかというと・・・
↑(だからクドいって)ちっ(怒った顔)(怒)

酒おたくの出身地”大崎上島”の上陸地”竹原市”で
すっげー牛肉に出逢っちゃったんスね〜グッド(上向き矢印)

この度も”竹原の食を育てる会”会長の某 前川酒店の山○店長(笑)
にご紹介頂いたんですけど・・・

いや〜 マジ感動モンでしたょぉ〜〜〜るんるんるんるん

酒おたくが馴染み深い”竹原港”から車で、たった15分程の大乗地区に
”垰下畜産”さんexclamation×2ありました〜〜〜わーい(嬉しい顔)
こんなチカクに1800頭もの牛を飼育してるトコがあったんスねぇ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

写真で見たままのちょ〜温厚な”垰下さん”なんスけど・・・
やっぱ普通の生産者とは一味チガいますね〜exclamation&question
というのも雌牛だけを1800頭飼育してるトコロは日本全国でも
垰下さんだけみたいなんですョ〜パンチ

ココでせつめーしよーexclamation(笑)
なぜ雌牛にコダワルかというと 雄牛にくらべ
*(厳密には雄牛は気性が荒過ぎる為、去勢されます)
雌牛は不飽和脂肪酸が多い為、飽和脂肪酸が多い雄牛よりも融点が低く
*(低い温度で溶けるので口どけが滑らか)
かつ健康な脂肪って事なんスねぇ〜〜〜るんるんるんるん

その他、飼料にもヒミツがあるらしいんですけど
教えて頂けませんでした〜〜〜っっっバッド(下向き矢印)

それにしても・・・
この美味さを・・・ 早くミナサンに伝えたーーいっexclamation×2

垰下さん・山田さんホントーにありがとうゴザイマシターーーるんるん  
 
Posted by hitoariki at 18:48Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2009年11月23日

祝★並木店6周年★『宝剣』限定!人有喜バージョン♪


宝剣6周年ブログ.jpg

みなさんご無沙汰しております・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

やっと現実逃避からよみがえった
”酒おたく井手”でゴザイマス・・・ふらふら(苦笑)

それはさておき・・・

ミナサマのお陰でっっっるんるんグッド(上向き矢印)

並木店も6周年を迎えることが出来ましたーーwww www
(五日市は今月で10年目ですーーっるんるん

ホントーにっ・・・
ありがとーゴザイマスーーーexclamation×2

つーか・・・
その記念にっナントグッド(上向き矢印)

宝剣の土井杜氏に泣きついてもうやだ〜(悲しい顔)人有喜ラベルで300mlに詰めて貰っちゃいましたーーーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

仕込みで、クソ忙しい時期にも関わらずこんなワガママを聞いて頂いて
土井さん重ねてありがとーゴザイマスるんるん

そしてモチロン・・・
このお酒をミナサンにぃープレゼントしちゃいま〜す手(チョキ)

23〜25日にご来店の方には、もれなくプレゼントしますし
もしその後でも、在庫があれば差し上げま〜すグッド(上向き矢印)

お気軽におっしゃってくださいね〜〜〜exclamation×2


 *(久々の更新のせいか、全く”おたく”な内容が無い『井手』でした・・・(笑)  
 
Posted by hitoariki at 23:33Comments(0)TrackBack(0)店舗日記

2009年02月25日

『白岳仙』安本酒造の”魂”見てきました…♪


安本氏.jpg
安本氏&岡田氏.jpg








”ちょ〜熱い蔵 第9弾”は、福井市安原町にある
新進気鋭『白岳仙』の安本酒造さんで〜〜〜っすwww www

遠い様で近い様で遠い… 福井県ですが…
↑(どっちやねんッ!)(笑)

京都から”特急サンダーバード”に乗り換えて琵琶湖の辺りから
正に一面”銀世界”!! 

『やはり広島とは気候が全然違うな… 
 この気候や水の違いが酒に反映されとるんじゃ…』

っっっと… バカみたいにカッコつけてみましたバッド(下向き矢印)(苦笑)

そして蔵に到着すると”当主兼杜氏”の安本さん(左写真)
が、ちょー忙しい時期にも関わらず、めっちゃ快く迎えて頂きましたっるんるん
↑(大吟醸の仕込み時期なので、1年で1番気を使う時なんすョォ〜!!)

安本さんとは、広島や東京等でよくお逢いしてるんですが…
やっぱ蔵に入ってる時の表情は、気合いが違いますね〜〜〜exclamation×2

つーか…
素晴らしい蔵に来た時に、毎回感じるんスけど…
ちゃんとした蔵は、とにかく”めっちゃキレイ”なんすよぉ!
これは全国共通ですなっ!(酒おたく談)(笑)

そしてなんとッ!
この日がちょうど”山田錦純米吟醸”の上槽(搾り)の日で
↑(ていうか…”酒おたく”が訪問する日に合わせて仕込んでくださってたみたいです…)
↑(マジ超感動っすーーーーーexclamation×2)

安本酒造自慢の”袋搾り”で搾りたてのお酒を試飲させて頂きましたぁ〜〜〜♪♪♪

↑(ちなみに”袋搾り”とは… 以前紹介した”ヤブタ式圧搾機”とは全く異なり、
 モロミを数十Kずつ袋に詰めて重ねていき(約70袋)
 ”袋”の自重で滴り落ちてくるお酒をとる。
 という、めっちゃ手間のかかる方法なんスね〜!)

やっぱ今年の”白岳仙”も旨いッるんるん
極上の透明感と含みのバランスは”広島酒”には出せない味ですね〜!!

その夜”福井名産”の甘エビや越前ガニと逢わせてみましたが
”超マリアージュ”でしたっっっexclamation×2

”酒おたく”食文化語録 其ノ六
『地の食材には、地の食材を逢わせるべし!』

安本さん・お母様・蔵人のミナサマ本当にありがとうゴザイマシタっるんるんるんるん  
 
Posted by hitoariki at 21:33Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2008年12月18日

今年も”殴り込みぃ〜!!”『天狗桜』白石酒造ーー♪


白石酒造2008ブログ.jpg
白石君2008ブログ.jpg






今年も行って来ましたぁーーー!

鹿児島いちき串木野市にある『白石酒造』さんです〜っ!

ていうか…
今年は昨年と違い…
アポ無しで突撃せず、ちゃんと2時間前に電話してお伺いしましたぁーーー!!!
www www
↑(つーか… アポ無し突撃とホトンドかわらんだろ〜!)(怒)
↑(ちーたー反省せぃ!)(苦笑)

という蛮行にも関わらず…

心優しき”白石さん”は嫌な顔一つせず、
今年も快く迎え入れてくれたんですねェ〜〜♪

しかもッ!
今年も造りの真っ最中で、なんとッ!!
”麹室”(こうじむろ)まで見学させて頂いちゃいましたー♪(左写真)

更にッなんとっ!
写真の”麹”をちょこっと喰べさせて頂きましたーーー♪♪♪

日本酒の麹よりは若干クセがありましたが甘味があり良い麹でしたョォ〜♪
↑(おたくじゃナイ皆さんの為に説明しま〜す!)
 (”麹”とは蒸したお米に”麹菌”(こうじきん)を振り←[カビの一種みたいなモンです]
  お米のでんぷん質を糖に分解・発酵したものです)

↑(ですから、お酒を造る為に適しているのは
 ”でんぷん質”が多いお米なんスねぇ〜! 
 ちなみに、コシヒカリやササニシキ等の食べておいしいお米は
 ”タンパク質”が多いんで、酒造りには余り向かないんですョォ〜!!

…っと

久々の更新ナンで…
ついつい”オタク節”が暴走しそうになってしまった…
↑(ナニ人のせいにしてんだよー!)(笑)
↑(単に更新サボってるオメーのせいじゃんよー!!(激怒)

★★★…気を取り直して…★★★

この度も、蒸留したてのお酒を試飲させて頂きましたが、
サスガ白石君!今年も良いお酒を造っとりましたょぉ〜♪

↑(えっ… たったこの2行で〆ようって思ってんの〜!)(笑)

ではでは…

マニアな皆さんの為にっ!『耳より情報ー♪』

実は…
白石酒造さんの代表銘柄『天狗桜』なんスけど…
公称は”白麹造り”って事になってるんですけど…

ここ何年か”お湯割り”にした時の相性がチョー良いので
白石君に尋ねてみたトコロ…
2〜3年前から”白麹”と”黒麹”をブレンドしてるんですって〜〜〜!!!♪♪♪

↑(あれっ… 大した情報ぢゃなかったっすかぁ〜…?)
↑(多分… 喜んで頂ける”マニアの方”がいらっしゃると信じてますッ♪)(笑)

白石君・奥様・白石酒造の皆さま、今年もありがとうございましたーー♪♪♪  
 
Posted by hitoariki at 21:34Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2008年08月15日

中町に『リニューアルオープン』しましたッ!!


御祝いブログ.jpg
みなさんコンバンワ・・・

なんとッッッ・・・
並木店がっ!!
中町に『移店リニューアルオープン』しました〜www www

ですが・・・
一週間以上経つのに・・・

まだカウンターが物置状態なんスね〜〜〜!(泣)

まあそれはサテオキ・・・

沢山のミナサマからヒジョーーーに心のコモッタお祝いを頂戴しッ
ホントーにっ!ありがとうゴザイマシタ〜〜〜♪♪♪

イロンナ日本酒や焼酎がメッチャ沢山ありますので、
呑みたい方は、是非お気軽にオッシャッテくださいd(-∀-。)ネッ〜♪

つーか・・・
一緒に呑みましょ〜〜〜♪♪♪(笑)  
 
Posted by hitoariki at 20:54Comments(0)TrackBack(0)店舗日記

2008年07月15日

『宝剣』土井杜氏より…『究極のプレゼント』頂きましたっ♪


宝剣34才プレゼントブログ.jpg
宝剣出品酒ラベルブログ.jpg








みなさんコンニチハ・・・

日々『おっさん』への道を驀進する『酒おたく』でゴザイマス・・・(。・w・。) ププッ

なんとッ先週ー!!
もう嬉しくないッ!
『酒おたく』の。o○Happy Birthday○o。だったんスけど・・・

なんとっっっ!!!
『宝剣』土井氏よりっ毎年恒例のぉ!
超ハートのコモッた『魂のプレゼント』が届きましたーっっっ♪♪♪
注:写真
↑(ちなみに・・・ まだ34才ですっ)(激怒)
↑(まあ・・・たいして変わらないですけど・・・)(笑)

なんとメインはッ!
今年の全国新酒鑑評会に出品した大吟醸の”あらばしり”なんスね〜!!
↑(”あらばしり”とは・・・詳しくは、以前のレポートをチェック!)

このお酒はッ!
正真正銘!! 
世界に10本位しかない上に、非売品中の非売品なんで・・・
マジちょ〜〜〜ウレシー♪♪♪

その他にも、目薬・胃薬・栄養ドリンク等々(??)(笑)
や手書きのバースディカードも頂戴し、マジ感謝・感激っすーーー!!!

土井さんホントーにありがとうゴザイマスっっっ♪♪♪

ここで恒例の・・・
もし・・・
このお酒を呑みたい方がいらっしゃれば・・・

一緒に呑みましょ〜〜〜!!(限定2名位)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 14:39Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2008年06月02日

『美和桜』『宝剣』『酒おたく』東京進出っ!?


坂田の兄貴と.jpg
土井氏と.jpg
先週・・・
『美和桜』坂田社長
 (通称:坂田のアニキ)
  *左写真の右

『宝剣』土井杜氏
 (通称:どいてつ)
  *右写真の左

と3人で・・・

東京の酒の会に行って来ました〜〜〜!!!
↑(なんじゃーソンだけか〜!)(怒)
↑(東京進出っつーから、
  もっとスゲー事かと思うでしょっっっ!)(笑)

じゃがしかし・・・

やっぱ東京の会はスケールがデカイっすね〜♪

まず初日は栃木県日光市”鬼怒川温泉”の超デカイ広間で行われたんですが…
↑(つーか…のっけから東京ちゃうやないか〜!)
↑(まあ… 僕達田舎者には”東京圏”なのっ)(笑)

全国の酒蔵さんや酒販店さんが見えられており、
↑(三重錦の中井さんや白岳仙の安本さんもいましたっ)
↑(焼酎蔵の方も、なんと我らが”百合組”の
 『さつま寿』の尾込社長もおられました〜!)

やはり”酒おたく”が知らない銘柄でも、
全国には素晴らしいお酒がまだまだあるンすね〜♪

じゃがしかし!改めて『広島の酒』は負けてないッ!
って事が解りましたよぉ〜〜〜っ♪♪♪

2日目は東京の吉祥寺にある”須弥山さん”で開催された
蔵元さんと一般のお客様が交流する会に参加させて頂きました。

コチラの大将”米納(よな)さん”は広島にも良く見えられ
何度かお逢いした事があったんスけど…
やっぱ”熱い男”っすね〜!!!
スタッフの方もノリが良い方ばかりでメッチャ勉強になりましたっ♪

その際”米納さん”からご紹介頂いた
南池袋の『名古屋コーチンと地酒の店 酉の市(とりのいち)』
”宮崎店長(タクちゃん)”のお店にもお邪魔したり・・・

といつもの様にグダグダの2泊3日でしたが…
↑(なんせ初日の浅草にある食堂で”坂田のアニキ・土井氏と三人で・・・
  ビール中瓶5本・酒1号徳利14本も呑んでましたからね〜)(苦笑)

ホントーに沢山の方々との”ご縁”を頂戴し
チョ〜充実し時間を過ごさせてくださいましたーーー!!!

米納さん・拓ちゃんを始めとした熱い!熱い!東京のミナサマ・・・

ホントーーーにっっっ! 
ありがとうゴザイマシターーー♪♪♪

あっ・・・
坂田のアニキ・土井さんありがとうございました!
↑(ついでの様に言うな〜〜〜っ!)(怒)
↑(一番最初に感謝せんにゃぁ〜いけん人らーじゃろうが〜!!)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 21:18Comments(0)TrackBack(2)酒おたく日記

2008年05月17日

やっぱ『三浦さん家のカキ』スゲーっっっ!!!


三浦さんハ真ブログ.jpg
三浦さんハ真ブログ2.jpg





約一年半振りに”三浦さん家”に行って来たんスけど、
やっぱ”三浦さん”はスゲーっすね〜〜〜♪♪♪

今年は全国的に牡蠣の成育が悪く、
例年の半分位しか身が入ってない生産者の方が続出する中
三浦さんの牡蠣は例年通りプリっプリっの特大カキだったんですね〜!

実際”酒おたく”が2〜3月頃、6社くらい”利き牡蠣”(笑)してみたんスけど
ほとんどの生産者の方が、三浦さんの半分以下位の身入りでしたょぉ〜!

サスガっ!『江田島の雄』三浦さん!!
マジ尊敬っすっっっ!!!

とっ・言う訳で・・・
そのヒミツを探るべく・・・ 
潜入調査を決行したんですが・・・

三浦さんに『企業秘密なんで、余り人に言わないでくださいっ!』
って言われちゃいました〜〜〜!!!
↑(なんじゃそりゃぁ!意味ねぇじゃん)(怒)

ただ・・・
ミナサンに怒られてはいけないので・・・
↑(そりゃ〜怒るっつーの!)(笑)
大まかに説明すると幼年期の段階で”ある仕掛け”をしたり・・・
イカダに吊る時に”スゲー仕掛け”をしたり・・・
イカダの場所に”ものスゲー仕掛け”があるんですね〜〜〜♪♪♪
↑(つーか全然っ解らんっっっ!)(怒)
↑(オメー説明する気ねーだろーー!!)(超怒)

だって・・・
口止めされてるんだからっっっ・・・しょうがないでしょ〜〜〜っっっ!!!(笑)

何はともかくーぅっ!
この冬の”三浦さんの牡蠣”も超楽しみじゃ〜〜〜っっっ!!!!!
↑(なに一人で勝手にキレてんの〜?)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 01:30Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2008年05月03日

『賀茂金秀』金光酒造に突撃っっっ♪♪♪


金光酒造ブログ.jpg
金光氏ブログ.jpg





”ちょ〜熱い蔵 第8弾”は、東広島市黒瀬町にある新進気鋭・若手のホープ
『賀茂金秀』『桜吹雪』の金光酒造さんで〜〜〜っすwww www

お恥ずかしながら、金光酒造さんには初めて訪問したんスけど・・・
やっぱ”いい酒”造ってる蔵は、やる事やってますね〜〜〜!

特に今年の賀茂金秀は”マジ旨いっ♪”
去年まではお酒に”木香臭”(きがしゅう)が若干残ってたんスけど
↑(ここで恒例のっ)(笑)
↑(おたくじゃナイ皆様の為に説明するとっ”木香臭”とは
 読んで字の如く木の香り(若竹の様な)がするんスけど
 原因としては、麹を造る”麹室”(こうじむろ)を新設・改築した際
 その木の香りが麹に移り、そのままお酒に反映されてしまうんスね〜!
 日本酒って深いっ!!!
 ちなみに金光酒造さんも3年前に麹室を改築したんですね〜〜〜!)

今年のお酒は、その木香臭が殆ど感じられない位まで抑えられ、
酒本来のパフォーマンスが最大限に発揮されてるんですね〜♪♪♪

し・しかもっ!!!
今年の金光酒造さんのスゲーとこは!
なっなんと!!!

”酒の上槽”(しぼり)に使用するヤブタ式圧搾機を冷蔵庫に入れてしまったんですよっ♪♪♪
↑(その意味とは…? 以前の『相原酒造さん』のレポートをチェック!)

いや〜〜〜!!!
これはホントちょ〜スゲー事で”酒おたく”の知る限り
広島の酒蔵では『雨後の月』相原酒造さんと金光酒造さんぐらいナンですね〜〜〜!!!

と・まあ・・・
いつもの様に”おたく”な説明ばかりでしたが(笑)

とにかく・・・

今後の『賀茂金秀』金光酒造は★要チェック★じゃ〜〜〜〜〜!!!  
 
Posted by hitoariki at 17:51Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2008年04月19日

『宝剣』鑑評会出品の大吟醸&おり酒 頂いちゃいましたっ♪


宝剣出品酒ブログ.jpgなっ・なっ・なんとっ!!!
『宝剣』土井杜氏のご好意によりっ・・・
全国新酒鑑評会に出品する大吟醸と・・・
更にその大吟醸のおり酒を頂いちゃいました
〜〜〜♪♪♪WWW WWW

まさに今年の『宝剣』の技術と魂の集大成である
『鑑評会出品酒』そのものをビン詰した!
究極のお酒なんですね〜!!
↑(おそらく精米30%前後の山田錦を
広島吟醸酵母で醸し袋吊りにして斗瓶取りした、
手間もお金もメッチャ掛かったお酒っす!!!)

しっ・しかも・・・
写真手前の白く濁ったお酒は・・・
その大吟醸の『おり酒』なんですね〜〜〜♪♪♪
↑(おたくじゃナイ皆様の為に説明するとっ
  タンクの中で発酵したドロドロのモロミを袋に入れ、
  重力のみで垂れ落ちて来た極上の雫のみを斗瓶(10升瓶)に取り
  ↑(加圧してお酒の雑味や嫌味を出さない為)
  更にその斗瓶を1晩寝かせて濾過し切れなかった濁りを底に沈殿させ
  上澄みだけをすくった物が出品酒なんスけど、その底に残った濁り酒が
  おり酒なんですねーーー!)
↑(う”〜ん… イマイチ解り辛かったかも知れませんが・・・
  いつもの事なんで許してくださいっっっ!)(笑)

まあ… 要するに…
究極の『濁り酒』ですなっ!!!
↑(つーか余計わからんっ)(苦笑)

しかも… このおり酒は…
世界に16本しかない究極のレアアイテムなんですね〜!

もし『呑んでみたいっ♪』っていう方がいっらっしゃれば
試飲サービスでお出ししちゃいますWWW WWW
 
ただ超デリケートな生酒なので… お早めにドウゾっ♪♪♪  
 
Posted by hitoariki at 02:56Comments(0)TrackBack(1)酒おたく日記

2008年04月11日

『宝剣』酒造の庭で花見っっっ!!?


土井氏・金光氏ブログ.jpg
宝剣 花見ブログ.jpg





みなさんコンニチワ!
5ヶ月の冬眠?から解き放たれた??
”酒おたく井手”でゴザイマス… (笑)

今年も恒例の『酒蔵バスツアー in宝剣酒造』
に行って参りましたっ!!
↑(つーか… ”酒おたく”真の目的は…
  宝剣酒造の庭での宴会なんスけど…)(笑)
↑(モチロン勉強目的ですよっ!)
↑(もう遅いっつーの!!)(笑)

今年も、総勢25名の大所帯で(酒おたくの料理の師匠
ほっとし亭”さん・先輩料理人の”縁樹”さん・
NHKのは○さん達とご一緒させて頂きましたっ!)
お邪魔したんスけど…
いや〜〜〜 今年の宝剣もブレて無いっすねー♪

純米吟醸・純米・純米辛口 全ての酒に、より透明感
が増し尚且つ輪郭と芯が際立っており、まさに全国に
誇れる酒質である!と言っても過言ではないっ!!

と言う… いつもの自己陶酔に浸りつつ宝剣・賀茂金秀
(ちなみに、今回の宴に”賀茂金秀”金光杜氏もご参加
 頂きました♪)(左写真 右側)
にも酔いつつ(笑) 最高の”縁会”を堪能出来ました〜〜♪♪

みなさんホントーにありがとう御座いましたーーー!!!

あっ!
ちなみに・・・ 土井杜氏から”全国新酒鑑評会の出品酒”
を頂いちゃいましたので… 
後日詳しくご報告いたしま〜〜〜すっ♪♪♪  
 
Posted by hitoariki at 00:13Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2007年10月31日

『天狗桜』白石酒造に殴り込みっ!?


白石君ブログ.jpg
白石酒造ブログ.jpg






”ちょ〜熱い蔵 第7弾”は、遥か鹿児島いちき串木野市にある”天狗桜・花と蝶”等で有名な白石酒造ですっ!

っていうか・・・
殴り込みっていうか・・・

身の程知らずの”酒おたく”は・・・
このちょ〜忙しい酒造最盛期なのにっ…アポや電話すらも全く無しで、蔵に突撃してしまったんですね〜〜〜!
にも関わらず♪ちょ〜温情のある白石君は・・・
嫌な顔一つせず、快く見学させてくれたんですね〜♪♪
しかもっ!なんとっっっ出麹の最中なのにっっっ♪
↑(出麹とは、蒸米に麹菌を振り繁殖させ、一次仕込みのかめ壷に移す、という超重要な工程)

いや〜しかし、白石酒造はやっぱ凄いっすねー!
写真では解り辛いかもしれませんが、床一面に並ぶかめ壷と麹蓋(右写真の右下にある小さな木箱)
↑(これで蒸米に麹菌を繁殖させるんですけど、余りにも手間がかかり過ぎるので、殆どの焼酎蔵が機械式に変更してます)
↑(ちなみに広島の清酒蔵では、よりシビアな温度管理の為、麹蓋を使用している所が数多くあります)

スイマセン・・・
またいつも通り説明が長くなってしまったんですけど(笑)

要するに白石酒造は、昔ながらの造りを継承し物凄〜い手間を掛けて酒を造ってるんですね〜!!!
↑(ちなみに、一次・二次ともかめ仕込みをしている蔵も殆どありません)

更にっ!最後にっ!!
蒸留したてのお酒のティスティングまでさせて下さいました♪♪♪www www]

いや〜これはホントに、超スーパー感謝・感謝ですよーーー!
しかもその日蒸留中のお酒がなんと『天狗桜』だなんて・・・
マジ”運命”を感じちゃいましたね〜

なぜここまでオーバーリアクションなのかというと・・・
焼酎は、蒸留の最初と最後で味が全然違うんですよ!
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
最初の部分を初留(はなたれ)、中盤を本垂れ(ほんだれ)、最後の部分を末留(すえだれ)といって、アルコール度数も50〜10度と、まさに別物の様な味わいなんですね〜〜〜!
しかも白石酒造さんの場合、初留から末留までを一緒にしているので、蒸留中じゃないと試飲出来ないんですね〜♪

敢えて味は書きませんが・・・
今年の『天狗桜』もめっちゃ旨いっっっ!!!♪♪♪

白石君・白石酒造のみなさんホントーにありがとうございました。  
 
Posted by hitoariki at 19:29Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2007年10月15日

現役プロボクサー杜氏”中井昌平”氏に殴り込み!?


三重錦中井さん&石岡さんブ.jpg
三重錦中井さん.JPG”ちょ〜熱い蔵 第6弾”は、ナントっ!
三重県伊賀市にある”三重錦”の中井酒造場で〜〜〜す!!

先日開催された”三重錦蔵開き”(今年の酒造り前に、取引している酒屋さんや飲食店を招いた懇親会の様なモンです)に広島チームで乗り込んで来たんスけど…
地図で見ると三重県って意外と近いんすけど、実際車で行くと結構遠いっすね〜〜〜!
↑(どこか遠征に行くと、そのコメントばっかり!)(笑)

じゃがしかし!
やっぱ行って正解でしたっ♪♪♪

中井さん自身は、ちょくちょく広島に見えられており、熱いトークバトルをご一緒させて貰ってるんで”中井さんの熱い思い”は解っているつもりでしたが”酒おたく”自身は初めて蔵にお邪魔したんで、より『中井昌平』の思いに近づく事が出来たんすね〜〜〜♪

見た目は単なる恐いボクサー?(暴○団?)←(中井さんスンマセン・・・)(笑)
ですけど、ほぼ一人で酒造りをこなし(酒造りって、ちゃんと造ると超重労働で、超沢山やること事があるんですよっ)しかも、杜氏四年にして超ハイレベルな酒を醸してるんですっ!!
更に実際話すと、ヒジョ〜〜に造りに対して”情熱・こだわり・理論”を持ち合わせた方なんですね〜!
↑(まあ… 蔵の中に… リングも併設してますけど…*注:写真左)(笑)
↑(ちなみに… 無謀にもパンチを喰らわしてるのは、福山の某飲食店(暴飲食店?)(笑)
和食屋 夜○咄の石○さんです!←(石岡さんスイマセン・・・)

しかもこの会では『酒と料理の相性』を非常に意識しており、自らが飼育した”地鶏の炭火焼き”や”天然鮎の炭火焼き”更には、奥様の手料理の数々まで頂戴し”酒おたく”も心行くまで『山の酒のマリアージュ』を堪能しちゃいましたーーー♪♪♪

ちなみに・・・ この日・・・
最も煌いていたお酒は・・・
今年の夏、中井さんが初挑戦した夏限定の”涼純”でしたっ!!
このお酒は、今までの三重錦のイメージ”濃厚・濃醇・辛口”を良い意味で裏切る、14号酵母特有のほのかな香り・爽快感と、三重錦特有の辛口・フィネスを両立した抜群の一献なんですね〜♪

実際、料理との相性診断してみると、天然鮎・地鶏塩焼き・山椒の効いた有馬煮まで、抜群の味幅を見せ付けられました!

モチロン!
発売当初より”涼純”に目を付けていた”酒仙晴彦氏”と”酒おたく”は『秋も、このお酒を出してくださ〜いっ!!!』と懇願してみると…
なんとっ! 
”三重錦 特別純米”という名前で復活する事になりましたーーーーー♪♪♪www
 
ミナサン!乞うご期待!!
  
 
Posted by hitoariki at 00:27Comments(2)TrackBack(0)生産者の方々

2007年09月04日

『幻霜ポークの自家製ベーコン』と『美和桜 大吟醸』やべっ…!


ベーコン&美和桜ブログ.jpgこの何ヶ月の悲願だった『幻霜ポークの自家製ベーコン』が遂に完成しましたーーー♪

いや〜〜〜 ホントーにっ我ながら、ちょ〜旨いっす♪
まあ・・・下処理1時間・塩漬け1週間・塩抜き3時間・乾燥2日間・スモーク3時間・熟成一晩もの手間を掛ければ、旨くて当たり前ですけどね・・・(微笑)
↑(そのうえ、前回失敗してますし・・・)(嘲笑)

しかもっ!通常のベーコンと違い!!
豚肉の殺菌温度65℃ギリギリで加熱しているので、生ハムを彷彿させる食感をも持ち合わせてるんですね〜〜〜♪

ところでみなさんっ!
ベーコンに逢うお酒ってどんなお酒だと思いますか・・・?
普通のマニアの方だと濃厚な山の酒をイメージしがちですが、
↑(つーか『普通のマニア』って…なんじゃそりゃ!)(笑)

実は豚肉ってミディアムライト系の含み香の強いお酒が良くあうんですね〜♪
↑(例えば、雨後の月・天寶一・醸し人九平次 等)
↑(ワインで言えば、シャルドネ系の含みが強い白ワインと豚肉がマリアージュであるのと一緒ですなっ!)

そして更に燻製にして”クセ”をつけた豚肉に逢うお酒とは・・・
なんとっ!!
超フルーティな『美和桜 別囲い大吟醸』なんですね〜♪
昨今『フルーティなお酒は料理の邪魔をして、食べ物に合わないっ!』と言う意見を良く耳にしますが…
全くそんな事はゴザイマセンっ!!

ムシロ香りがあるお酒じゃないと逢わない食材も結構あるんですね〜〜〜♪
(:例えば、白ミル貝等クセの強い貝類やチーズ等クセのある食べ物)
(ちなみに『美和桜 八反錦純米吟醸生原酒』は、ブルーチーズと超マリアージュですっ!)

ですからベーコンの場合も、
クセの強い燻香をフルーティな香りで包み込み、
豚肉の旨みを美和桜の心地良い含みの旨みが調和させ、
後口を凛とした辛口で流す・・・
と言う抜群の相性を発揮する訳ですね〜〜〜♪♪♪

こりゃぁ… この旨み… ためさでおくべきかーー(笑)

・・・とっ
いつものおたく節全開で、自己満足モード突入の”酒おたく”でした・・・  
 
Posted by hitoariki at 22:49Comments(0)TrackBack(1)酒おたく日記

2007年07月22日

全国で180本!『龍勢 雄町山廃純吟』見参っ!!


龍勢山廃ブログ.jpgみなさんっっっ…
3月の藤井酒造 呑切会でお披露目された『龍勢 雄町山廃純米吟醸生原酒』が遂に”酒おたくブログ”登場〜〜〜♪

実は… 4月頃既に入荷してたんですが…
まだお酒が少し若かったので、敢えて皆様に紹介して無かったんですね〜!?
ここで前回少し触れた”鮮度と熟度”の因果関係についてちょっと掘り下げてみまーす!
↑(この時点で『もう読むのがウザーーーいっ!絶対ちょっとじゃぁスマンだろぉっ(怒)』って方も沢山いらっしゃると思いますが…)(笑)

先ず”お酒の評価方法”から考えてみますと、品評会や鑑評会等では”減点法”という方式でお酒を評価します。
例えば、色・立ち香・含み香・味等の各項目で気になる(マイナス)ポイントを減点していく方法なんですが… この採点方法に関して、ヒジョ〜〜〜に賛否両論ありまして…(むしろ否論のが多いかなっ?)
昨今の風潮としては『個性・主張を大事にする』という観点から(要するに減点法で採点すると、欠点が無く無難な優等生的なお酒に高得点が付き、没個性で同じ様なお酒ばかりが氾濫する)欠点があっても、それを補っても余りある魅力を持ったお酒をもっと評価(=加点法)しよう!と言う流れが主流です。

ですから一昔前では考えられなかった”生熟成酒”を発売している蔵元さんも結構いらっしゃるんですね〜!

生酒の場合酵母や酵素(糖化酵素・蛋白質分解酵素等)が生きており、1週間単位で味が熟成して変化して行きますっ。そしてその際、熟成して味の円みやコクが出るのと同時に、老い香(ひねか)と呼ばれるホコリっぽい独特の臭いが出易いんですね〜!(っていうか厳密に言うと大なり小なり確実にでますっ)

その為、よっぽど酷い老い香でなければ(特に生ひねの場合)(*生酒の老い香の事)余り気にしない専門家の方も多いですし、それを補っても余りある程のコクや旨みがあればOKであると言えます!!

がっしかし!?
宝剣の土井氏や東洋美人の澄川氏の様に『それなら自分達の技術力向上や管理体制の強化により、透明感・素直な香り・コク・旨みを両立させた、ぶち旨い酒を創ろーーー!』って方もいらっしゃるんで、まあ…どっちが正しい!なんて無いと思うんスけどね〜…。

大体… お酒は嗜好品ですし、食文化な訳ですから…
酒おたく的には、生熟した酒にしか逢わない料理があるし、綺麗過ぎて味が無いんじゃないんかっていうお酒にしか逢わない料理もある訳ですから…
結局… これじゃないとダメって言う事自体が、没個性になる要因なんじゃないんすかね〜〜〜?

っと… いつも以上におたく節全開で、好き勝手な事を書き綴ってしまいましたが… もし最後まで読んで下さった方がいらっしゃったら、マジあ〜ざ〜っス♪

っていうか結局『龍勢山廃』について全然触れてないんすけど… まあ…誰もこれ以上は読んで頂けないでしょうから… 
とにかく超旨いっスーーーー!←(結局それだけかいっ?)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 00:34Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2007年07月19日

『東洋美人』人有喜限定バージョン!? 一度は呑むべし…


東洋美人.JPGみなさんコンニチワ。
珍しく早めの更新”酒おたく井手”でゴザイマス…。
↑(つーか… このテの『自虐ネタ』もう飽きました?)(苦笑)

気を取り直して…
今回は山口 若手の雄”澄川氏”が気合と理論の融合で醸す『東洋美人』の登場で〜〜〜すっ!!!www
↑(だ〜か〜ら〜!いっつもいっつも前振り長いんだっつーの!!)(怒)

再度気を取り直して…
酒おたく日記で、県外の日本酒をクローズアップするのは初めてなんスけど、ホント〜〜〜に東洋美人は旨いっ!広島の吟醸酒の様に華々しいお酒のキャラは無く地味なんスけど(澄川さんスイマセン…)、洗練された透明感のある含みと嫌味なく心地良いフィネスが織り成す究極の完成度は、全国トップクラスと言っても過言では無いですなっ!!←(酒おたく談)←(う〜ん久々ぁ〜〜♪)(笑)

し・か・も…
この度ゲットした上写真の山田錦純米吟醸五〇&雄町純米吟醸五〇は、一昨年仕込んだお酒を零度で熟成させた、現在流通していない超限定品なんですね〜♪(澄川酒造は品質管理に超こだわっている為、新鮮なお酒しか出荷しない為)←(お酒に詳しいみなさんはちょっと???だと思うんですが、《新鮮=未熟》と《熟成=過熟》の評価は個人の価値観や各蔵元サイドの見解の相違等により、ひじょ〜〜に評価が分かれてしまう)←(詳しく説明すると、ちょー長くなってしまうので又の機会にしますっ!)

っと…
またまた話がそれちゃったんスけど
この東洋美人はマジ熟度サイコーで超呑み頃な上に、なっなんと!日本に残り12本しかないんですね〜!?←(多分)(笑)

『日本酒通』を自負する方はぜ〜〜〜った〜〜いっ 呑むべしっ!!!!!
 *値段・詳細等はこちらでっ!  
 
Posted by hitoariki at 21:16Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2007年07月08日

飯田さんのトマトがっ・・・♪


トマトのコンポート縦.jpgみなさま・・・
また…ご無沙汰してしまいました・・・

3ヶ月間 厨房にコモって料理の修行に勤しんでおりました『酒おたく井手』でゴザイマス・・・。
↑(「言い訳はいらん!」って感じですね…)(笑)

がっ・しかしっ!!!
そのオカゲもありっ? まじヤバ旨っ♪なっ逸品が完成いたしました〜〜〜っ♪♪♪www

『飯田さんトマトの日本酒コンポート』だっっっ!

もともと超〜旨い飯田さんのトマトなんすけど、人有喜の”料理おたく山本”の『コンポートにしちゃいましょ〜〜〜』という一声により完成しちゃいました♪

いや〜 ホント この旨さを文字で表現すると、いつもの様に”ぶちウザイ”んスけど、やっぱ書いちゃいますっ!(笑)

口に含むとトマト本来の爽やかな芳香が拡がり、それと同時にプラムを彷彿させる心地良い旨みが拡がる…←(おそらく砂糖の代わりにフルーツシュガーを使っている為だと思われます…)←(あっ!ネタばらしちゃった!!)(笑)
そしてその後、上品かつ控えめな甘さが口の中いっぱいに膨らみ、そして極上の余韻と共に消えてゆく…

『こりゃ旨い!!!』
と言って頂ける事 間違いなしですなっ♪

といいつつも作成できる数が限られている為、現時点では”コース料理をご予約頂いたお客様のみ”にしかお出し出来ていませんが、もし興味を持って頂いた方がいらっしゃれば、お出しいたしますっ!!!
*詳しいコース内容はこちらまでっ!

お気軽にお声を掛けてみてくださいっ♪♪♪
↑(もし無かったらスイマセン…)←(なんじゃそりゃ)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 02:02Comments(2)TrackBack(0)酒おたく日記

2007年04月02日

『華鳩』榎酒造に行って来ましたっ!


真理子さんブログ.jpg
榎ミ長ブログ.jpg






”ちょ〜熱い広島の蔵”第5弾は、音戸の瀬戸『華鳩 榎酒造 榎社長&真理子さん』でーす!!!www www

約一年振りにお邪魔して来たんスけど、
やっぱ…ええ酒造っとりますの〜〜〜♪

華鳩さんといえば『貴醸酒』
↑(水の代わりに酒を使ってお酒を仕込む、言わば『貴腐ワイン』みたいなモンですね♪)
↑(解り易くいうと… 岡本醤油さんが醤油で醤油を仕込む『さい仕込み醤油』みたいなカンジ…かなっ?)
↑(うーん… だんだん解り辛くなってる様な気がする…)(笑)
↑(まあ要するに… 味をより濃厚にする為に、水の代わりに醤油や酒で、また同じ物を仕込むわけですなっ!)
が、有名ですがホント〜〜〜っに”旨い清酒も沢山造ってるんですよっ!

それはやはり… 新進気鋭の藤田杜氏・自ら蔵に入る榎社長・瓶のデザインまで手掛ける真理子さん達の『最強チーム』だからこそ成せるんですね〜!!!

実際ウチで使わせて貰ってる『しぼりたて純米吟醸生酒』も、昨年までは1401酵母(金沢酵母)だけで仕込んでたんすけど、今年は1401酵母と広島吟醸酵母のブレンド仕込みに変えてるんすね〜!
↑(解り易く説明しますと、金沢酵母の落ち着きある優しい味わいに、広島吟醸酵母の華やかな香りがプラスされてるんですよっ!)
↑(それにより料理との相性も拡がり、昨年まで超マリアージュだった”鯛のお造り”プラス、タイラギ貝や白ミル貝等の少しクセのある食材にも逢う様になったんですね〜〜〜♪)
↑(う〜ん… 最近我ながら… 内容がどんどんマニアックになって行く…)(笑)

理屈はともかく…
みなさんにも味わってみて貰いたいっす!!!  
 
Posted by hitoariki at 00:59Comments(0)TrackBack(2)生産者の方々

2007年03月12日

『龍勢』呑切&勉強会に乱入っ!!


龍勢 呑切会.JPG
呑切会 藤井さん.JPG先月上旬『龍勢』藤井酒造の藤井さんが並木店にお見えになられ”酒おたく”も調子にのってご一緒させて頂いたんですが、
その最中、藤井さんに『来月ウチの蔵で、酒販店(酒屋さんの事です)と勉強会するんだけど、井手ちゃんコメンテーターしてくれん?』というお話を頂いちゃいまして…。
『まっ・マジっすか〜』といいながら、またもや調子に乗って乱入させて頂いたんすけど…

いや〜〜〜 
お調子者の”酒おたく”ちょー浮いちゃう位
ぶ〜〜〜ち熱い北海道や金沢から来られた酒販店さんばかりで『わし…何しに来たんじゃろ…』って空気びんびんでしたね〜(笑)

ところでっ!
呑切会(蔵にあるお酒の殆どを試飲する会)(写真左)で、藤井酒造が満を持して今年初めて挑戦した”山廃吟醸”が遂に登場しましたーっっっ!!!

控えめな立ち香ながら、口に含むとヨーグルトを彷彿させる力強い含みと、従来の山廃をいい意味で裏切る独特の透明感… そして嫌味の無い酸と共に、極上の余韻が滑らかな弧を描く様に消えて行く…。

う〜ん!
初とは思えない、最高の出来っすね〜♪

しかもこのお酒が、限定30ケース(1升瓶180本)だけ発売される事になったんっすよっ♪♪

近日登場!ミナサマ乞うご期待っっっ。。。!!!  
 
Posted by hitoariki at 01:16Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2007年02月23日

『百合組』総本部を襲撃じゃ〜〜〜っ!


良平くん.JPG
百合・晴彦氏.JPG






約半年ぶりに『百合』塩田酒造のある鹿児島県の甑島(東シナ海に浮かぶ、Drコトー診療所の舞台となった島)に行って来ました…!

っていうか… ちょ〜〜〜マジ遠いっすよ〜〜〜!!

”酒おたく”最狂の酒友 酒仙晴彦氏と一緒に行ってきたんスけど、片道車で7時間・船で1〜3時間もかかるんすねー!!

しかも今回は、1泊2日という超ハード&強行スケジュールだったんじゃが、まあ… 行った価値がありましたね〜〜〜♪

実は塩田さんとこは、昨年夏に蔵の改装をして今年が初めての造りなんですけど… いや〜 今年も… 更に更に進化しとりますのー♪

つーか写真では解り辛いかもしれませんが、とにかく蔵がちょーキレイなんですね〜♪♪
*(ちなみに写真左は塩田酒造の良平くん・右は仕込みを手伝ってるフリ(?)をしている晴彦氏ですっ!)(笑)←(晴彦氏スイマセン…)

それにしても、今年の百合もホンマ旨いっすねー!
特にお湯割りで真価を発揮するんすですが
百合独特の甘味を彷彿させる立ち香…
そして含んだ時に口に拡がる、コクと旨み…
更に例年よりも含み香を抑えつつも、昨年を凌駕する芯(フィネス)があるんですね〜♪

がしかし!
現実には、そんなウンチクを語る間も無く(笑)到着してソッコー塩田ファミリーと大宴会の始まりっ!! 〜モチロン朝まで…!(笑)

そして午後4時の船に乗り、車を飛ばし広島に着いたのは、なんと午前3時半頃でした… あ〜疲れた…

じゃがしかし! やっぱ『百合組』は熱いヤツラばっかりじゃ〜〜〜!!

塩田さん・みゆきさん・漁師の誠さん・石原壮の石原さん・そして甑島のみなさんっ!
この度も、ホントーにありがとう御座いましたっ!!!  
 
Posted by hitoariki at 23:57Comments(2)TrackBack(0)生産者の方々

2007年02月14日

『百合組』総帥アラワル!!!


塩田さん・白石君ブログ.jpgおととい午後3時頃・・・
突然 酒泉晴彦氏より電話があり・・・
晴彦氏:『今から3人で呑まして頂いても良いですか…?』
酒おたく:『はぁ?こんな時間からですか?』
晴彦氏:『えっ・ええ…』
    『実は… 塩田さんと白石君が広島に来られとるんですよ…』
酒おたく:『マ・マジっすかぁ〜〜〜!?』
     『そんな事、全然聞いとらんっすよー!!』
晴彦氏:『そうなんスよ…突然見えられたんですよ…』

て言うカンジで、なんと鹿児島より『百合』の塩田酒造 塩田さんと『天狗桜』白石酒造の白石君が、突然の来広っす♪

じつは塩田さんは、広島をこよなく愛して下さっており、年2回程は広島を襲撃(?)してくださるんですね〜(笑)
ですから5年前から『百合組』に入信(?)している我々は総帥を丁重に”モテナサネバナラヌ”という掟があるんですね〜!!!
↑(誤解のない様に説明しておきますが、我々が甑島「塩田酒造がある島」に遊びに行った時には、ちょーもてなして貰ってるんで、当たり前なんですけど…)

そして3時半頃『宴』のはじまり〜っ♪
まずファーストオーダー『宝剣2合っ!!』
その後セカンドオーダー『天寶一2合っっ!!!』

う”〜ん サスガ塩田のオジキ…
広島酒の今年の出来をチェックするトコロがすげ〜っす♪
↑(こう見えてもオジキは(どう見えるんじゃ!)(笑)(塩田さんスイマセンっ!)、チョー研究熱心で日本酒蔵を見学して、自分の造りの参考にしたりするんすよ)
↑(ですから、我らが『宝剣 土井氏』や『天寶一 村上氏』とも兄弟仁義ばりに仲良いんスよ〜)

そんな宴が繰り広げられ、いてもたってもいられなくなった”酒おたく”も仕込みの合間を縫って参加し、熱いトークバトルが開催されちゃいました!!

結論を申し上げると・・・
『今年の”百合”&”天狗桜”は更に更に進化しとる!』
『絶対チェックするべし!!!』  
 
Posted by hitoariki at 23:17Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2007年02月09日

『宝剣 山田錦純米吟醸』と飯田さんのホウレン草サイコー!!


宝剣マ浸しブログ.JPGみなさんっ!
またもや大変ご無沙汰しておりますっ…!(苦笑)
1月を乗り越え、合計5舛發慮採未魏未燭靴拭?
”酒おたく井手”で〜〜〜す♪
↑(ウイルス性の関節炎になっちゃいました…)(笑)
↑(いや〜もう笑えんっすね〜)(泣)

なっ・なんと遂に!待望の『宝剣 山田錦純米吟醸』新酒が登場しちゃいましたーーー!!www

ソッコー抜栓してみたんですが・・・
いつもと変わらぬ、ほのかに熟した果実香(土井臭)
そして口に含むと、新酒特有の若さ(苦・渋)はあるものの、凛とした抜群の透明感と芯のある膨らみ…そしてジューシーな米の旨みが、口の中全体に拡がっていき… そしてスッと消えていく…

う”〜ん! 今年も土井氏は確実に進化しとる!!!

ここでいつもの”おたくセンサー”反応!
こりゃぁ飯田さんの『有機無農薬ホウレン草と焼きの子の煮浸し』と逢わせるべしっ!
やはり想像通り、ホウレン草の苦味と新酒の苦味が中和しあい、お互いの良さを引き立たせあう…
マリアージュっっっ♪♪♪

”酒おたく”食文化語録 其ノ伍
春の苦味がある食材を食すという事は、年に一度体を浄化するという作用があり、その際苦味のある新酒と逢わせると、スムーズに摂取できる…
これぞ誇るべき日本の食文化なりっっっ!!!

という… いつもの自己満足モード全開の”酒おたく”でした… (笑)  
 
Posted by hitoariki at 14:05Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2007年01月07日

『酒有喜 岡田杜氏』の『魂の雄町』降臨…


酒有喜 雄町.JPGみなさんっ!あけましてオメデトウございますっっっ!!
そして… 大変ご無沙汰しておりますっ…!(苦笑)
12月を乗り越え、3舛發慮採未魏未燭靴拭?
”酒おたく井手”完全復活で〜〜〜す♪
↑(嬉しいんか嬉しくないんか微妙んなんスけど…)(笑)

ところでっ… みなさんにっ… 朗報がありますっ!!
満を持して、今年初めて『酒有喜 岡田杜氏』が挑戦した『雄町』3本立て
名付けて『岡田狂騒曲 3部作』←(岡田さんすいません…)(笑)

注:”おたくじゃない方の為に説明しておきますと、『雄町』とは岡山市雄町がルーツの酒造好適米(酒造りに適した米)で、現在は30種ほどの派生品種があります。
その中でも『備前雄町』という品種が雄町の元祖で、最も珍重され栽培も難しく、最も高価な米なのです…。
ちなみに、写真の”改良雄町”は昭和35年に島根県農業試験場で備前雄町と近畿33号を交配させ生まれたもの。”こいおまち”は改良雄町に、更に他品種を交配させて生まれたものなのです…。

すいません… ちょっとマニアックになっちゃいました… 
↑(ちょっとじゃなくて か・な・り ですよね〜)(笑)

それはともかく『岡田狂騒曲 3部作』のうち
なんとっ!搾ったばかりの『改良雄町』と『こいおまち』を正月早々 岡田さん自ら持ってきてくれちゃったんですね〜〜〜♪♪♪

詳しい味わいはヒミツですが←(またかよー!)
酒おたく的には『改良雄町』特に良いですね〜
雄町らしい膨らみと有木らしい麹の融合は、まさに”新進気鋭 酒アーティスト”の技ですなっ!(酒おたく談)(笑)

いや〜〜〜

この次の『備前雄町』チョー楽しみですな♪

みなさんも、乞うご期待!!!  
 
Posted by hitoariki at 01:37Comments(3)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年12月08日

『酒有喜 搾りたて新酒』と『豊平町のきじ』・・・やっぱサイコー♪


きじお造り.JPG
きじ鍋.JPG






今回も行ってきちゃいました!!
恒例の『豊平きじツアー』*(食[酒]おたくツアー)(笑)

そしてこの度も”酒有喜”福永社長もご参加され
なっ・なんと!先週搾ったばかりで、まだ市販されてない新酒が呑めるぅ〜♪
こりゃーソッコー”おたくセンサー”びんびんですなー♪♪(笑)

それはともかく、今回もバスセンターに10時集合で2時間近くバスに揺られて、松尾きじ園に到着!
↑(まあ深夜族の酒おたくには、これが一番ツラいんすけどね〜)
↑(と言いつつ、やっぱし福永さんとずっーーーとしゃべくってましたけど・・・)(笑)
そして到着すると即、宴のはじまりぃ〜!
モチロンまず『酒有喜 八反錦純米』新酒に突撃っーー♪
まず立ち香を唎いてみると・・・
予想通り控えめな香りの中にも、独特の麹の香り(有木臭)(笑)
そして口に含むと・・・
例年より若干”酸”は低いものの、しっかり造った麹特有の個性的な旨みの拡がりは健在で、尚且つ特筆すべきは”透明感”が更に進化してるんですね〜♪
まあ・・・ といいつつまだ新酒の若さ(苦・渋)溢れてるんで、真価は熟成してからだと思うんですけど・・・ それにしても、岡田杜氏やるなっ!!

やはり”おたくセンサー”の反応通り”お造りとの相性サイコーでしたね〜♪
ただ!それより凄かったのが!!酒おたくが持参した『酒有喜 千本錦純米吟醸17BY』ときじ鍋なんすよ!!
前回は同じお酒の14BY(3年熟成)で逢わせたんすけど、それよりも もっと相性抜群でしたね〜〜〜♪

という、いつも通りの『自己満足モード』に突入し、
またもや帰りのバスでは超ーーー爆眠の”酒おたく”でしたが・・・ 
前回と違うのは・・・ 大口あけて爆眠してたせいで・・・
ウイルス性の風邪まで持って帰っちゃいました・・・ (笑)

いまだに『ノド痛て〜んじゃっっっ!!!』(怒)




  
 
Posted by hitoariki at 03:57Comments(0)TrackBack(1)酒おたく日記

2006年12月03日

またも『NHK』さんにお世話になりました♪♪

『酒おたく井手』の恥知らずシリーズ第3弾!(笑)

またも『NHK』さんに出現させて頂くことになっちゃいました〜〜〜!!
↑(もうそろそろウザイっすね〜)(泣)

今回のテーマは『日本酒のトレンドについて』というちょっとかっちょいい題目で、しかもわざわざ取材に来て貰っちゃたんですね〜。

という事は! 
生放送じゃないんで、好き勝手にしゃべれる!! ハズ?(笑)

じゃがしかしっ・・・ 
まあ実際やってみるとそんな簡単なモンじゃなかったですけど・・・ (苦笑)

それでもっ今回は意外とマトモ?(だと思うんで)
気になる人は要チェックだっ!←(別に気にならんつーの)(怒)

12月5日(火) NHK総合 お好みワイド
18:10頃からオンエアー♪

記者の飯沼さん・カメラマンの田上さん
ホントーにありがとうございましたっ!!!
  
 
Posted by hitoariki at 00:36Comments(0)TrackBack(0)店舗日記

2006年12月02日

なっ・なんと!今年の『宝剣酒造 土井杜氏』の魂が、もう届きました・・・


宝剣18BY新酒.psdなっ・なんと『宝剣』の純米初搾りが、もう届いちゃいました!!!

ハヤル気持ちを抑えきれない”酒おたく”はモチロン
お客様にお出しする前にソッコー自分で抜栓しちゃいました♪ ・・・しかも2本とも・・・(笑)

↑(この2本の違いは、同じタンクのお酒なんですけど搾り方が違うんです。
写真左側が『中汲み』右側が『あらばしり』という部分なんです、
お酒の搾り方には何種類かありますが、昨今 最もスタンダードな方法は、ヤブタ式圧搾機を使用します)
↑(解り易く説明すると、アコーディオンの様な搾り機にモロミ(搾る前のお酒)を入れ、徐々に加圧して細か〜い網の目を通ったお酒が流れ出てくるんですが、その際 圧力をかける前に自然と流れ出てきた部分を『あらばしり』と呼び、その後圧力をかけ始めてから流れ出てくる部分を『中汲み』と呼びます)

というカンジで、またもマニアックになっちゃいましたが(苦笑)
まず、立ち香を唎いてみると・・・ 
うーん宝剣特有の熟した果実系の香り(土井臭)(笑)
そして口に含んでみると・・・ 
新酒特有の若々しさと発泡感があるものの(まだ炭酸ガスが抜けきって無い為)いつもの宝剣を彷彿させる”抜群の透明感”と”芯のある旨みが心地良く拡がり、最後は極上の余韻を伴いながら消えていく・・・

マジ旨い!!! 
しかも昨年のお酒をも凌駕する程の腰をも、持ち合わせている・・・

正直なトコロまだお酒が若いし、炭酸ガスがかんでいるのでまだ判断しヅライんですが、宝剣が昨年より進化しているのは間違いないですな!(酒おたく談)(笑)
こりゃ〜 純米吟醸がちょー楽しみっっっ♪♪♪ 
  
 
Posted by hitoariki at 03:22Comments(2)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年11月14日

懲りもせず・・・ RCCラジオで『マリアージュ』やっちゃいました・・・

みなさんこんにちわ!

広島が誇る”恥知らず”酒おたく井手でっ・で〜す!(ム・ムナシイ・・・)

なっ・なんと! また懲りもせず!!
きたる11月16日っ『RCCラジオ 伊勢の・・・日本酒でポッ』という番組に登場させて頂く事になりましたーーー!!! wwwww wwwww

っていうか・・・ まあ・・・ 非常に嬉しいんですけど・・・
全然思いを伝えれてないカンジで・・・ ひじょーーーに情けないっ!(泣)

がしかし! それは置いといて、
今回は『殻付き牡蠣&天寶一 雄町純吟』の提案だったんですけど、
これもホンマ、ちょ〜ウマ♪なんすよね〜♪♪

皆さんにも、是非体感してみて欲しいんすけど
牡蠣に逢うお酒って、ホント少ないんですよ!!
↑(実際、僕自身50種類ぐらいのお酒と試しましたが、
  バチッとハマるのは2〜3種しか無いんですね〜)
↑(まあ、佃煮や燻製やグラタン等にすると別ですが・・・)

よく日本酒の本などに『このお酒は、牡蠣とよく合います!』などと書いてあるのを見受けますが、シビアにテイスティングすると、逢わないケースがほとんどなんですね〜 ”ギョムリエ井手談”←(命名:三重錦 中井杜氏)(笑)

ていうか・・・ またもや本題それまくってしまいましたが・・・

RCCラジオ 11月16日18:10〜18:15オンエアー!
ちょ〜素敵な藤村アナウンサーの声も聴けます♪
↑(今回は僕も、前回の生放送の時よりもちょっとはマシです・・・)(苦笑)
RCCさんのHPでも掲載されます!

藤村アナ・森下ディレクターありがとうございました!!

  
 
Posted by hitoariki at 22:34Comments(0)TrackBack(0)店舗日記

2006年11月11日

『宝剣酒造 土井杜氏』から魂いただきました・・・。


宝剣三周年お祝い.JPG一昨日『宝剣酒造 土井杜氏』より、魂のこもったお祝いを頂きました・・・。

なんと、オリジナルラベルの宝剣達っす!!(涙)

土井さんは、現在”仕込み”の真っ最中で、チョ〜忙しいハズなのに、マジ嬉しいーーー♪♪♪
しかも、昨日11月10日にメールまで頂き(人有喜の正式なオープン日は、五日市も並木も11月10日なんです・・・)
『これから十周年・二十周年と自分も一緒にお祝いできたら幸せです』
というちょーーー涙モンのコメント付き!(泣)
↑(でも最後に『これからも頑張ってください、奥様を大事に・・・』という
  意味わからんコメントまで)
↑(大事にしてますからっ!・・・ いえ・・・してるつもりです・・・)(笑)

それにしても、僕の誕生日や周年の度に いつもいつも”熱い思い”をくださる『土井さん』感謝・感謝ですっ!
この11月中に『宝剣』の新酒を搾るみたいなんで、皆さんにもソッコー報告いたします!!!

ちなみに、今回頂いたお酒は来年まで熟成させて呑もうかな〜 と思ってるんですが、もし『呑みたーい』って方がいらっしゃれば『周年祭』の時に”あけよーかなー どうしょうかなー?”  
 
Posted by hitoariki at 13:56Comments(2)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年11月10日

『キスゴ丸干し』『龍勢 人有喜スペシャル』やっ・ヤベ〜♪


キスゴ・龍勢.JPGなんと本日・・・

石田政造商店さんから『キスゴの丸干し』を頂いちゃいました!!!www wwww

サッソク軽く炙って食したんですが・・・
マジうめーーー!
白身の淡白な旨みが凝縮されつつも、適度な油を残す・・・ 
この絶妙なバランスは、抜群の干し具合でのみ成せる匠の技ですな!
しかも丸干しなので、心地良い苦味をも持ち合わせる・・・。

ここで恒例の(?)おたくセンサー発動!!!(笑)
 *注(ここで『宝剣』をイメージした人はまだまだシロウトですなっ)(笑)
  ↑(土井さんゴメンナサイ、純米白ラベルあたりだと逢うと思うんですけど・・・)
この白身の旨みと適度な油、そして苦味・・・ そうです・・・
『龍勢 人有喜スペシャル』しか無いでしょ〜♪

確固たる自信のもと両者を逢わせてみると・・・
まさに『マリア〜ジュ♪』←(NHK風)(苦笑)

龍勢独特の酸が油を流し、白身の旨みを酒の透明感が包み込む・・・
 (あっ・ 思い出したらまたヨダレがっっっ!)(笑)
これぞ『芸術的融合』ですなっ!(酒おたく談)(笑)

その余韻に浸りつつ、より自己満足を完結させる為に
『宝剣 純吟人有喜限定』と逢わせてみたところ・・・
『ふぅ・・・ やはりな・・・』(酒おたく談)←もうええっちゅうに!!!(怒)

と完璧に”自己陶酔ワールド”に入って行く酒おたくでした・・・。

若女将、ホントーにありがとうございましたっ!!

 *ちなみに周年祭りで、このマリアージュ味わえます!
『おたくの中のおたく出て来いやっ!』 ←高田延彦風(笑)
 ↑これホントに”おたく”じゃないと解んないスね〜(苦笑)
  
 
Posted by hitoariki at 02:30Comments(2)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年11月08日

”五日市店6周年”・”並木店3周年”祭りで〜す♪


周年.JPG遂にこの季節がやってきました・・・。
いつもいつも可愛がってくださる皆様のお蔭で”五日市店6周年”・”並木店3周年”を迎える事が出来ましたーーー!!www www

と言う事で・・・
五日市店では、11/12(日)・13(月)の2日間、時間無制限ドリンク100円やっちゃいま〜すっ♪
↑(ホント大丈夫かな・・・(泣)
2日連続でもかかってきなさいっ!(笑)

そして並木店は、11/19(日)17:30〜・20(月)18:30〜の各3時間4,000円で食べ呑み放題やっちゃいます!!
でもこちらは立食形式なので、彼女と2人でしっぽりって方は、他の日の方が良いかも?
じゃがしかし、人有喜スタッフや生産者さんや蔵元さんやいろんな業界の方と”ちょ〜盛り上がりたい”人にはウッテツケっす♪♪♪
先着30名様までなのでお早めに・・・!!

旨いもんが好きっ!広島が好きっ!!人が大好きっ!!!
ってヤツラ大集合!!!!!
  
 
Posted by hitoariki at 00:56Comments(0)TrackBack(0)店舗日記

2006年10月29日

『酒造業界の大魔神』降臨・・・


竹鶴呑切会.JPG
石川杜氏.JPG






”ちょ〜熱い広島の蔵”第4弾は、竹原の大魔神『竹鶴酒造 石川杜氏』でーすっ!
先日開催された"小笹屋竹鶴 呑切会”の報告と共に、皆さんにお伝えしちゃいま〜す♪
"小笹屋竹鶴 呑切会”とは、毎年秋に竹鶴酒造さんの全てのお酒をお披露目する会で、僕は今年で3回目の参加なんですが・・・
いや〜例年ながら、今年もちょー圧巻でしたね〜
今年の新酒から10年古酒まで、100種類以上利き酒できるという『酒おたく』ですらビビる程のスケールなんすよ!!

じゃがしかし・・・ 酒が100種類あろうと・・・
『酒おたくセンサー』(笑)がビンビン反応してる物があるんスね〜〜♪

それは・・・『生酛純米原酒』ですっ!(右写真が生酛造り用の"半切り桶"です)
石川杜氏は、昨年から生酛造り挑戦してるんですが、その昨年の物と今年の物が比べて呑めるなんて・・・
マジ感動モンですよっ!!

あえて感想は述べませんが・・・(笑)
ちょーーーシビレる〜〜♪♪♪♪♪ ってカンジデス(笑)

"自然と共に生き・自然の恩恵を頂いてお酒を醸す”石川杜氏・・・ 
酒造りだけじゃなく、人間的にもホンマにすげー人じゃ〜〜〜!
またもや・・・
前川酒店 山○店長に無理言って
『生酛純米原酒』たくさん貰っちゃおーーーっと♪(笑)

  
 
Posted by hitoariki at 02:54Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2006年10月24日

『NHK』に出てきました・・・・・。


NHK撮影風景.JPG
原さん・北原さん.JPG






今日・・・ NHKに行ってきました・・・

う"〜〜ん やっぱ生放送って難しーっすねぇ!

本番前にディレクターの方から『井手さん、オンステージのつもりで良いですよ!』
って言われてたんですけど、全然差し込めないですね〜。(泣)

まあ・・・でも・・・いいんす・・・
『素晴らしい広島の料理とお酒』により多くの人が出会える事が出来れば・・・
 ↑(我ながらかっちょいーー!)←(かなり自己陶酔ですな!!)(笑)

何よりも僕がビックリしたのは、NHKの皆さんってぶち日本酒詳しいんすよ♪
4〜5名の方とお話させて頂いたんですが、
『酒有喜は今年3種類呑んだよ!』や『美和桜の八反純米吟醸生原酒が好き!』っていうマニアックなコメント連発♪♪
右写真左側の”北原プロデューサー”も『昨夜、日本酒とトマトの相性試しましたよ♪』と嬉しいコメント!
右写真右側の”原ディレクター”に至っては”酒有喜 千本錦純米吟醸”の香りを利いて『この香りは、まさしく酢酸イソアミル系ですね〜!』

『何者じゃーこの人は!!!』という位の驚愕のコメント!!(笑)

しかも僕と原さんは待ち時間中、今日の撮影に使用する三原の石田政造商店さんの『サヨリの塩干し』をライターで炙ってツマミながら『いや〜これで宝剣があったらサイコーっすねー』と食いしん坊振り全開♪
 ↑(石田政造商店さんについては、改めて紹介しま〜すっ!)

『広島の人・広島の食・広島の酒 サイコーじゃあーーー!』

原さん・北原さん・NHKの皆さん ホントーにありがとう御座いましたっ!!!!!
 
 ↑(あっ ついでに宝剣の土井さんもありがとう御座いました)(笑)
 ↑(こんな言い方したら、土井さんに怒られるかな〜)
 ↑(まあ〜土井さんは酒造りが忙しいので、当分パソコンツツけないから
   大丈夫ですな!)(酒蔵おたく談)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 21:45Comments(3)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年10月20日

『NHK』に出演することになっちゃいました・・・!!


NHK台本1.JPG
NHK台本2.JPG






なんとっ! 
10月24日(火) 17:30からの『NHK 情報いちばん 広島』という番組にっ!!
『酒おたく井手』が出演することになっちゃいましたーーーっ!
しかも・・・ 生放送なんすよ〜!? ヤバイっすね〜

先週、NHKの”原ディレクター”さんが並木店に来られて『実は、宝剣酒造の土井杜氏からご紹介頂いたのですが』『広島の日本酒の番組を企画してるんですけど、お酒と料理の相性について教えて貰えませんか?』
と、身に余る様なお話を頂いちゃいまして、原さんと”あ〜でもない こ〜でもない”話をしてたんスけど・・・
これまた原さんが”ぶち熱い男”で、しかも僕と同級生だと判明し、チョーーー盛り上がっちゃいまして♪

原さん 『じゃあ井手さん、スタジオに来て下さいよっ!!』
井手  『え”っ』 『す・スタジオっすか?』
原さん 『はいっ!』 『ただ生放送なんで夕方ですけど大丈夫ですか?』
井手  『はあっ し・しかも生放送なんですか〜〜』

まあ・・・非常に光栄なんですけど・・・
素人が”生放送"なんて、マジやばいですよね〜。

昨日、生まれて初めて"台本"を貰ったんスけど・・・
確実に"生き恥を晒す"のは間違いないでしょう・・・(涙)
まあ・・・ もし興味のある方はチェックしてみてください・・・(苦笑)

いえ・・・ やっぱ観ないでくださいっっっ!!!(笑)  
 
Posted by hitoariki at 22:17Comments(2)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年10月19日

久々に『富久長』美穂さん♪お逢いしました・・・。


美穂さん.JPG
本日、並木店に『富久長』の今田杜氏 *以後(美穂さん)とお呼びします(笑) が、醸造試験場の先生方といらっしゃいました〜!

いや〜〜〜 ホント久しぶりにお逢いしたんすけど、相変わらず素敵な方っスねー♪

僕が初めてお逢いしたのが5年位前だったんですが、創り手としての思い・経営者としての判断力・洗練された女性の繊細さ、の全てを兼ね備えており、尚且つそれが毎年進化し続けてるんですね〜!!

しかも『お酒と一緒に"和らぎ水"(俗に言うチェイサ−)を呑むと、悪酔いしないし次の日お酒が余り残らない』という事を、5年前僕に教えてくれたのも美穂さんなんスよっ!  ↑(そのお蔭で、より浴びる程お酒が呑める様になった事は言うまでもありませんが・・・)(笑)
それはさておき、美穂さんもそろそろ蔵入りですっ!
『こりゃあ今年の"造り"も、更なる進化が期待できますな!』←酒おたく談(笑)

あ〜〜早く呑みたーーーーーいっ♪♪♪  
 
Posted by hitoariki at 23:59Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2006年10月12日

『三浦さん家のカキ』ぶち凄いっす!


三浦さん.JPG
カキハ真.JPG






皆様た〜〜〜いへんお待たせ致しました!
当分の間 心の旅に出ておりました『酒おたく井手』ですっ!!(苦笑)

ところで・・・

また一人熱い男に出会いました・・・

30歳にして三浦海産を仕切る”江田島の雄 三浦さん”っすーーー!!www
一昨日、三浦さん家に行って来たんすけど・・・ マジ スゲーっす♪
『全国に誇れる江田島のカキを創る!』という熱い思いはモチロン、ハンパじゃないテクも使ってるんですね〜!!
余り詳しく説明すると三浦さんに怒られるんですが(笑)、生育段階に合わせて海域を変えたり、誰もマネ出来ない様な一手間二手間を加えてるんですね〜♪
その為、通常であれば12月にならないと出荷できないようなサイズの殻付きカキでも、10月から出荷できるみたいなんです!
しかも今年は特にカキの成育が悪いらしく、三陸の方や広島の業者さんが大苦戦する中、三浦さんは例年通り安定したサイズが出来てるようで、卸問屋さんからも『全国一』の評価を貰ってるそうでーーーす!wwwww

天寶一との相性を想像しただけでもヨダレもんですな・・・♪♪♪
『三浦さん家のカキ』近々登場!乞うご期待!!
  
 
Posted by hitoariki at 21:37Comments(1)TrackBack(0)生産者の方々

2006年05月05日

『龍勢 人有喜スペシャル』…遂に登場。


SA310127.JPG
SA310129.JPG
藤井さんのご好意により、遂に夢の企画が実現しちゃいました…。
なっなんと『龍勢 山田錦純米吟醸 人有喜スペシャル』の登場です…。
このお酒は、山田錦を50%まで磨きこみ協会7号酵母で醸したサイコーーーのお酒です!←(こりゃあ純米大吟醸ですな!)
藤井さんが蔵の奥に隠していたのを、某前川酒店 山○店長が発見し、酒おたくと結託して藤井さんにお願いしたんですね〜〜。
いや〜〜ホンマ旨いっすね〜♪
米の輪郭までわかる程のキメ細やかさと、抜群の透明感…尚且つ藤井酒造独特の個性ある酸と余韻…。
マジで、藤井さん・山田さんありがとうございました!
↑(このお酒が呑める事が、自分が一番嬉しい酒おたくでした♪)(笑)
  
 
Posted by hitoariki at 15:45Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年04月15日

西条清酒品評会『優勝酒』呑んできちゃいました!


SA310073.JPG
SA310061.JPG






”ちょ〜熱い広島の蔵”第3弾は、西条の熱き醸し人『亀齢酒造 西垣杜氏』だっ!
亀齢さんに訪問したのも約1年ぶりでしたが、やっぱ熱いっす!かっちょいーっす!!
酒造りに対する姿勢が半端じゃないんすよ… 『人間の都合ではなく酒中心で造る』『酒は麹造りが命』『賞が取れるのは蔵人のおかげ』等 西垣語録の数々は、録音してみんなに聞いて貰いたいぐらいっすね〜!!←(今度ホントにやってみようかな…)(笑)
しかも今回の訪問で、より痛感したんじゃが西垣の杜氏の技術は、ほんとーーに凄い…。どの工程にも一切手抜きが無く、全てが理に適ってるんですね〜〜♪
特に、先日開催された『西条清酒品評会』で見事第一位に輝いた大吟醸(左写真の四合瓶)を試飲した時に、マジびびっちゃいましたが、超キレイで透明感があり一切の雑味を排除した究極の逸品なんです!!
酒おたくのイメージでは『亀齢の酒は、濃厚かつ旨口』だったんですが、良い意味で裏切られました♪♪
西垣杜氏いわく『点数の高い綺麗な酒を創る事も可能ですが、僕は芯のある秋あがりする酒が創りたいんです!』 
う〜んシブイ!マジで信念のオトコっす!!  
 
Posted by hitoariki at 23:51Comments(3)TrackBack(0)生産者の方々

2006年03月27日

非売品『宝剣』ゲットじゃけ〜〜!


SA310103.JPG
SA310102.JPG
なんと!!
酒泉晴彦氏より、ちょ〜素敵なプレゼント頂いちゃいました!!!
呉の星『宝剣酒造』の純米おり酒なんですね〜♪
あーー早く呑んでみたいんじゃが、酒おたくとしては少しでも沢山の方に呑んでみて貰いたいので、サービスで振る舞いますっ!!
じゃが、おり絡みの酒は抜栓後の変化が早いので、まだ開栓してませんっ!
誰か『宝剣のおり酒が呑んでみたい!』と言ってくれないかな〜…。
だれかこのお酒を開けるキッカケをくださーーーい♪♪
  
 
Posted by hitoariki at 17:17Comments(5)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年03月14日

『豊平町のキジ』を酒有喜&人有喜で呑む!!


SA310051.JPG
SA310052.JPG







おととい…山県郡豊平町にキジを食べに行ってきました…。
つーか、めっちゃとおーーーいっす!!!
今回のツアーは、飲食界の大先輩『いぶしぎん』の小牧さんからお誘いを受け、ちょ〜豪華なメンバーで『松尾きじ園』さんに行こー!
ということで、10時にバスセンターを出発したんですが… 
最初の一時間は『酒有喜』の福永社長と、旬の魚の話や旬の野菜の話・旬の酒・豚肉・鶏肉・猪肉・馬肉・山菜・松葉蟹・蛍烏賊・ハタハタ・干物 等々…色々な話でちょ〜盛り上がっていたんですが←(色々っていうか、喰べ物の話ばかりじゃん)(笑)
結局 到着は12時前…ホンマ眠かったっすね…。←(といいながら、やはり最後まで福永さんと食の話をしてましたけど…)(笑)
そしてお待ちかねの『キジ料理』左の写真が、なんと!お造り!!右の写真は、鍋や一品料理たちと熱き面々(手前から『酒商山田 山田さん』『有木酒造 福永さん』『山人 山平さん』『大和屋酒舗 林君』です)。
ところで、今回のツアーの目玉は『各自キジにあう日本酒(四合ビン)を持ち寄る』という、まさに”酒おたく”本領発揮のテーマ♪
モチロン…『酒有喜 千本錦純米吟醸 14BY』ですよね〜〜♪♪
おたくセンサーの反応通り、濃厚かつ3年熟成された酒の旨みと、コクのあるキジの旨みが凝縮された鍋との相性は、筆舌尽くし難いですのーー!!
そして、お造りには福永さん持参の『酒有喜 新酒生酒』をあわせる… キジの生臭さを新酒のフレッシュ感で流し・調和させる…
”酒おたく”食文化語録 其ノ参
『山の食材には、山の酒を合わせるべし!』
『生ものには、生酒を冷やで合わせるべし!!』
『鍋料理には、熟成酒を燗で合わせるべし!!!』
という、完全な『自己満足モード』に突入し、帰りのバスでは超ーーー爆眠の”酒おたく”でした…(泣)

  
 
Posted by hitoariki at 22:55Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年03月07日

『平飼有精卵』早志さん家の鶏達で〜す!


PA0_0000.JPG
やっとブログに登場!!
東広島市福富町で、ちょー元気な鶏達を放し飼いにしている『早志さん』家の鶏舎っす!
福富町は、あつ〜〜い生産者の方が沢山おられるんですが、その福富町の中でも特に自然が豊かな山間部で鶏舎を構えてるのが早志さんなのです。←(酒おたく井手も初めて訪れた時は、そーとー道に迷ってしまい…一時間ぐらい探し回ったアゲク、道端の農家のオジサンに道を尋ねたら『そりゃワシの息子じゃ』というオチ付きでナントカたどり着きました…)(苦笑)
それにしても、早志さん家の鶏達はホンマに元気なんですね〜♪ 
その理由を早志さんに聞くと『まあウチは化学飼料を一切使わず、自家製の発酵飼料をつこーとるけーのー』
・・・! なるほど!!
やはり『発酵食品』は、日本の文化じゃ〜〜!
ここでも確信しました…。
酒おたく井手が日本酒を呑むのは、酒を飲むのではなく食文化を呑んでいるのだと…!(笑) ←(まあこの主張は、ウチの嫁には一生理解してもらえないでしょうけど…)(苦笑)  
 
Posted by hitoariki at 22:12Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2006年03月06日

搾りたての『雨後の月』鑑評会出品用 大吟醸?呑んできました!


SA310049.JPG
SA310048.JPG









”ちょ〜熱い広島の蔵”シリーズ第2弾は、広島を代表する銘酒”雨後の月”を醸す『相原酒造 相原社長』ですっ!!
約1年ぶりに相原さんの蔵に行ってきたんですが…。
う〜ん、やっぱイイっすねーー!!
まず蔵が清潔なんです… 『暖かい広島の地で、透明感のある洗練された酒を造る』という熱い思いが、蔵に入った瞬間からビンビン伝わってきます…
そして、いつもの相原節で熱く造りの説明をして頂きました(写真右の相原さんが持っているのは、実際仕込みに使う麹です)ちょっと恐そう?ですが(お・おこられる〜)(笑)本当はすごく優しく・思慮深い方なのです!ちなみに写真左の背中を向けた漢(おとこ)は、(笑)”酒おたく井手”と最狂の酒友(笑)であり今回の案内人 某大和屋酒○店長の酒泉晴彦氏であります。
その後遂に、相原酒造最大のポイント『酒の上槽(しぼり)』の見学ですっ♪
お酒の搾り方には何種類かありますが、昨今 最もスタンダードな方法は、ヤブタ式圧搾機を使用します。
そのヤブタは、かなり巨大で数メートルあるんですが、な・なんと相原酒造さんではヤブタを超巨大な冷蔵庫の中に入れているんですねー!!
いや〜〜!これもひとえに『搾るときに酒を変質させたくない』という相原さんの熱い思いゆえのこだわりなんですね♪♪
そしてその時、おたく井手の目に入ったのが、左写真”斗ビン取り”のお酒達。
この瞬間『コイツらはタダモノではない』という”おたくセンサー”(笑)が反応!!
やはり…なんとこのお酒は『鑑評会出品用の大吟醸』じゃ〜〜!!
まあ さすがに出品酒自体は呑ませてもらえませんでしたが、このお酒を搾った際の一番最後の部分(せめ)を試飲させて頂きました♪
出品酒よりは”透明感・キメ細やかさ”が若干おちるものの、ホントーにバランスが良く素直な旨みを持つ素晴らしいお酒でした♪♪
しかもこの”せめ”の部分は300个離咼鵑膿百円という超〜〜破格で売られるみたいっスよ!!
気になる人は、要チェックですな!(酒おたく談)(笑)  
 
Posted by hitoariki at 20:00Comments(1)TrackBack(0)生産者の方々

2006年03月02日

発売前の『瑞冠』新酒じゃ〜〜!


瑞冠.JPG
040728_1051~0001.jpg
遂に入手しちゃいました… まだ発売前の『瑞冠 亀の尾山廃純米吟醸原酒』を… 
このお酒は、夏子の酒にも登場する『亀の尾』という幻の酒米を『山廃造り』という昔ながらの造りで醸した”酒おたく井手”もヒジョーに愛する逸品なのデス!
し・か・も!山岡酒造さんは、その亀の尾を自家栽培してるんですね〜〜!!(右の写真は昨年夏の時点です)
ところで、何故そんなすげーお酒をイチハヤク届けてもらったのかというと!恐れ多くもこのお酒の何十本かを”人有喜オリジナル”にしてもらいマス♪
生の原酒でそのままいくか?火入れの加水にするか?それとも火入れの原酒でしっかり熟成するか?・・・♪
どーしよーかなーー♪♪♪  
 
Posted by hitoariki at 03:46Comments(2)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年02月24日

『天寶一』新酒&『小松菜のお浸し』ぶち旨いけ〜!


天寶一.JPG
お浸し.JPG
昨日、やっと待望の『天寶一 山田錦純米吟醸無濾過生原酒』の新酒が到着しちゃいました♪♪
モチロンすぐ呑んだんですが…
さすが『村上氏』今年もええ仕事してますっ!
9号酵母らしい控えめながらも心地良いドライフルーツ系の立ち香。
そして含みは、例年同様”天寶一”らしい旨みの拡がりと、嫌味のない酸…。
余韻の部分で若干 若さがあるものの、素直な切れ上がりも健在っす!
ここで!マニアの方はお気づきだと思いますが、搾ったばかりの新酒が若く、苦・渋があるのは当然です…
ということは…!!
野菜の苦味とひじょーに好相性なんですねぇ〜♪
飯田さん家の小松菜と合わせてみると…『う〜ん 旨い!』
お互いの苦味を消し合い、旨み風味を引き立て合う…『まじヤバっす』
もうすぐ山菜のシーズン…。『筍の木の芽和え』等との相性を想像しただけで…またもやヨダレもんです♪♪
いや〜〜それにしても『旬の食材と旬の酒を食す』広島の食(酒)文化って、サイコーじゃーーーー!!  
 
Posted by hitoariki at 21:11Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年02月21日

飯田さん家の野菜たちっす♪♪


SA310010.JPG
SA310011.JPG









ブログ初登場!これがウワサ(?)の東区矢賀 飯田澄雄さん家の畑で〜す!!
写真では伝わりにくいんですが、どの野菜達もみずみずしく・元気いっぱいで、まじ旨いっすーーー!
写真手前のほうれん草を、その場でかじって食べたんですが『なんじゃこりゃ〜!ほうれん草なのに苦くなくて甘〜〜い♪』
じゃがしかし、そのぐらいでオドロいてはいけません!
写真奥の小カブを浅漬けにして食べると…『ツルッとした舌触りとジュワッと溢れ出る旨みと甘み…そして清涼感を伴った心地良い余韻…』
これホンマにヤバイっすよーーー!!
  
 
Posted by hitoariki at 01:29Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々

2006年02月15日

『宝剣 山田錦純米吟醸』やっと出た〜!


SA310007.JPG

SA310009.JPG
みなさ〜〜ん!大変お待たせしました♪
”酒おたく井手”が愛してやまない『宝剣 山田錦純米吟醸』の今年の新酒が遂に登場!!
きのう宝剣 土井杜氏に電話で聞いたんですけど『今年の山田純吟はあえて超辛にせず、米本来の旨みと繊細な透明感が堪能出来る、最高の酒が出来ました・・・』という 超〜〜〜かっちょいーコメント頂いちゃいました!!
サッソク呑んでみたんですが・・・全員口を揃えて『う〜ん旨い!』と大絶賛!!
特に右写真の”若手期待のソープ”(笑) HGこと、川口(はーどぐっち)のコメントが『このすっきりした透明感と、含みの拡がり及びバランスは筆舌つくし難いですね〜』
う〜ん この歳でこのコメント・・・日本酒マニア、将来恐るべし・・・。  
 
Posted by hitoariki at 21:38Comments(3)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年02月09日

なっなんと!『天狗舞』の梅酒だ〜〜〜!!


SA310006.JPG
つ・ついに石川の銘酒『天狗舞』から梅酒が登場っす♪
恐る恐る抜栓して呑んでみると・・・ほぼ全員が←(”ほぼ全員”っていう所がミソですが・・・)(笑)
『う〜ん!あんまり甘くなくて、キリッとしてうまいっすねー』『この梅酒なら料理と一緒にイケますよー!』というマニアらしい心強い(?)コメント♪♪
並木店マニアックメンバーの中でも、特に”おやじ舌”(若年寄)代表選手『ホッシー』21才と『山ちゃん』○0才♀がひじょ〜〜に気に入ってました!
この結果を基に、独断と偏見により人有喜では『おやじの梅酒』に認定いたしました!(笑)
ちなみに、この梅酒のスペックをご紹介しますと、日本酒と大吟醸の粕取り焼酎に梅を漬け込む。という大変手の込んだ梅酒で、広島でも殆ど手に入らない究極の逸品であります!(酒おたく談)←(いい加減クドイですよね〜)(笑)


  
 
Posted by hitoariki at 00:07Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年01月31日

『赤ジャガの達人』沖本さん家の畑ですっ!


050916_1400~01.jpg
『赤ジャガ』といえば”安芸津町赤崎”が有名ですが、発祥の地はなんと竹原市吉名町なんですね〜!←(といっても谷を渡った反対側は赤崎なんですけど…)(笑)
しかもその吉名の中でも『名人』と呼ばれている写真左上のイケテルオジサマが”沖本さん”なのですっ!!(その隣のちょっと若そうな?←(お・怒られるかも…?)(笑)オジサマが、某竹原前川酒店の山○店長です!)←(山田さんホンマすいません!)(笑)
沖本さんのお話によると『この辺りは日当たりがええし、海の近くで潮風があたっとるけぇ芋の旨みがぎっしりつまっとるんよ』というしびれるコメントを頂いちゃいました。でもホントにこの赤ジャガまじで旨いんすよ♪♪  
 
Posted by hitoariki at 19:53Comments(2)TrackBack(1)生産者の方々

2006年01月27日

『宝山 芋麹全量』遂にあらわるっ!

マニア必飲!知る人ぞ知る宝山の最高峰”芋麹全量”が遂に入荷しちゃいました!!
年に一度しか発売されないので、かなり希少品なんですねぇ♪
早速呑んでみましたが、例年通りの『柔かな入り口と芋のコクと甘み』が口いーーっぱい拡がり、今年の西酒造も健在じゃ〜!!と痛感しました。
しかもラベルを良く見ると『気合度数120%』とのコメント・・・う〜ん 芸が細かい・・・!

SA310004.JPG
SA310005.JPG  
 
Posted by hitoariki at 22:56Comments(0)TrackBack(0)酒おたく日記

2006年01月26日

初ブログっす!


PAP_0002.JPGつ〜〜いに、HPをリニューアルする事が出来ましたwww
それでは”ちょ〜熱い広島の蔵”シリーズ第1弾!
『宝剣酒造 土井杜氏』今年の初搾りですっ!
まさに搾ったばかりの”八反錦純米無濾過生原酒”を僕も呑みましたが、含みの心地良い透明感と、素直な旨味の拡がりと余韻…。昨年の酒よりも更に進化しておりま〜す!今年の『宝剣』からはますます目が離せませんな!←(酒おたく談)(笑)
  
 
Posted by hitoariki at 19:37Comments(0)TrackBack(0)生産者の方々