2012年03月18日

橋下はヒトラー 谷垣氏が言及

さて皆さん。
私が橋下徹の真実の姿を皆さんに伝え続けてきたことはご存知でしょう。

橋下賛美者であるマスコミ、
そして政治家たちは、
「維新とはアジェンダが同じ!」などと言い、
橋下の危険性を訴える者がおりませんでした。

ですが、ここにきてやっと同調者が出てきました。

「ヒトラーが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう」 谷垣氏が橋下氏の大阪維新めぐり警鐘
2012.3.18 17:50 [自民党]

 自民党の谷垣禎一総裁は18日、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」の国政進出に期待が高まる政治状況について、戦前に日本軍部やヒトラー、ムソリーニが台頭した際を想起させるとの観点から警鐘を鳴らした。

 京都府内で講演し「政党政治が駄目だということで昭和10年代に日本で軍部が出てきた。ヒトラー、ムソリーニが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう」と述べた。

 谷垣氏は、維新の会について「(事実上の次期衆院選公約である)維新八策はいろいろ問題点があり、方向性が明らかな政党になるかは未知数だ」と指摘した。同時に「既成政党に期待しても無理との気分があるから、第三極が期待を集めている」と分析。「軍部やヒトラーらが出てきたのは、既成政党や議会政治では物事を処理できないと多くの国民が思った時だった。議会政治家はそれを十分に意識し、国民の批判を受け止めなければいけない」と力説した。

msn産経ニュースより


谷垣氏はここにきて露出が多くなってきた。
民主党の岡田と極秘会談を行い、
返す刀で橋下に刃を向けた。

民主と自民の大連立が危険でないわけがないが、
年金廃止、私財没収、9条放棄、独裁を宣言する橋下徹と維新よりは、
時間が少しは稼げるだろう。

こんな言葉を谷垣氏が発することができるようになったということは、
流れが変わった可能性がある。

ここ2〜3日、
マスコミによる橋下の宣伝も少なくなった。

私も非力ながら頑張りました。
試しに、「橋下徹船中八策」で括りGoogleやyahooで検索をかけてみて下さい。
私の苦労も少しはわかっていただけることでしょう。

重大な不正を犯しながら、
国民を欺いて独裁者を目指す橋下に対し、
あの方々が愛想をつかしても不思議はないでしょうな。

橋下は本来、知事や市長、総理の椅子に座るのではなく、
刑務所に行くべき人間なのだから。


谷垣氏は私ほど過激ではないが、
橋下の危険性に言及した唯一の大物政治家ではないか。

私の言っていることは別に急進的ではない。
いたってノーマルであって、
おかしいのはマスコミと橋下信者たちだ。

30年くらい前であれば、
日本全国の大人たちと、
すべてのマスコミが橋下の危険性を厳しく糾弾したであろう。

今はまともな時代ではなくなり、
橋下のような危険人物な人物が持て囃される時代になった。

テレビ局が日本人の感覚をおかしくしている。

世にこれを洗脳と呼ぶ。

戦争を起こすため、人間を騙して殺すため、洗脳機関としてテレビ局は存在する。


※追伸:なんとあの渡辺恒雄が橋下について「ヒトラーを想起する」と言ったそうだ!
思わず笑ってしまうが、本心か、言わされているかどちらかだろうな。

橋下は「渡辺の方が独裁じゃないか!」とやり返したそうだ。

確かに渡辺は社内独裁だが、
橋下は日本の独裁を目指しているからな。

まあ、橋下の真実が伝えられることは良いことだ。
これで維新に傾いていた政治の潮目も変わってゆくだろう。

私はユダヤの黒魔術から日本人、
世界の人々を解放することを目指している。

難しいことではない。
正しく物事を見つめ、判断するだけ。

ただし、なぜそのようなことが起こっているか、
その原因を調べるという困難な作業は必要だが。

あと、真実を知るにつれ、
この世の恐ろしさに恐怖心が沸いてくる。

「本当のことを言ったら、殺されるのではないか」とか、
「社会的に抹殺されるのではないか」という不安だ。

だが、黙ったまま、
戦争で殺したり殺されるより、
真実を語って死ぬ道を私は選ぶ。

誰かがその勇気を出さねば、
いつまでも彼らの思い通りに殺され続けるだけだ。

私は、この世から聖書を消し去るための正当な理由を示した。
おそらく、欧米、アフリカ・オセアニアに住む人々には難しいことだろう。

これは、私が現代の日本に生まれたからこそできた芸当なのだ。
だから、これが私の使命なのだ。

誰も言い出せなくても自分が言う。
私は小心者ではあるが、
そういう不思議な勇気だけは持っている。

たぶん、徒手空拳で核兵器のお化けに立ち向かう、
命知らずの馬鹿ものであろう。

また、組織も持たないちっぽけな存在であるから、
彼らも捨てておいている。

そういう意味で、
また、戦争が起きてからではまったく動けなくなるので、
私はいま発言を続けている。

人間はいつ死ぬかわからない。
私は20代の前半に親友を3人も亡失った。
戦場でもないのにー

ひとりは自殺、
また一人は覚せい剤を一度に多く打ちすぎた。
そしてもう一人は新婚さんで一週間後に子供が生まれるという時に、
交通事故で亡くなった。
この人は会社が将来を嘱望するエリートでもあった。

岩崎博美のマドンナたちのララバイではないが、
この街は戦場だから〜、という歌が聴こえてくる状況であったが、
本当の戦場はもっと恐ろしい。

何の落ち度もない人々が、
ただ戦争というだけで殺されてしまう。

この戦争を止める事ができるのは私たちだけである。
もし、私は戦争も辞さないという人がいたとしても、
いざ殺し合いで死んだときには後悔するだろう。

あなたは本当は北朝鮮や中国の人々と、
何の恨みつらみもないはずだ。

あちらのほうは多くの恨みがあると思うが。

であるのに、日本人は北朝鮮の人々を恨んでいる。
自分の家族が殺されたわけでもないのにー







Posted by tanpopo at 20:58  | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする